風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

覇王樹賞

IMG_20190225_0002
 結社歌誌「覇王樹」2019年3月号を、ほぼ読み了える。
 入手は、先の2月26日の記事、「入手した5冊」のしまいにアップした。
 同・2月号の感想は、2月10日の記事にアップした。リンクより、過去号の記事へ遡り得る。
概要
 3月1日付け、覇王樹社・刊。32ページ。
 同人3欄、準同人「紅玉集」欄、会員「覇王樹集」欄がある。
 巻頭「八首抄」、「爽什」10名、「弥生10首詠」4名、「力詠15首」2名がある。また他紙誌からの転載、W茂子さんの「潮の夕照り」、Y美加代さんの「ポプラ」、各5首も載る。
 「受贈歌誌抄」では4誌より、5首ずつを引く。「歌集歌書紹介」では、編集人・佐田公子さんが3冊を紹介している。
 「覇王樹賞作品募集」(20首)も載っているが、僕は一発勝負に向かないので、見送っている。
 ホームページ「短歌の会 覇王樹」も3月号の体裁になり、大きな励みである。
感想

 以下に3首を引きつつ、寸感を述べる。
 「力詠15首」のU理恵子さん「天気図」より。
小春日のガラスに動く黒の影枝々わたる目白の番
 感情語を入れずに景を写し、落ち着いた心境を表している。
 「東聲集」のK六朗さんの「小春日」6首より。
来年も宜しくなどと言はれしが薬局などのお客ではなあ
 会話より入り、現在の短歌の口語への流れに傾いている。
 同じく「東聲集」の古城いつもさん(フルネーム表記はご諒解を得てある)の、「芋も蜜柑も」6首より。
働いて社会に生きて禄を得て今荷を降ろす楽し還暦
 現役時代は苦しんで働きながら、ささやかな贅沢もできた。リタイアすると、節約生活が待っていますよ。古城さんは、歌集を上梓するくらいの余裕はあるだろうか。


IMG_20180727_0001
 所属する結社の歌誌、「覇王樹」2018年8月号を、ほぼ読み了える。
 同誌の
到着は、先の7月28日の記事にアップした。
概要
 2018年8月1日付け・刊。46ページ。
 通常の短歌は、巻頭「八首抄」、「10首詠」、「力詠15首」が1段組み、他は2段組みである。
感想
 今号は、通常詠の他に、「覇王樹賞」の発表がある。結社内の20首詠の競詠である。
 受賞したのは、古城いつもさん(このブログへのコメントで、フルネームで挙げて良い事になっている)の「3分セクレタリー」である。「セクレタリー」とは秘書・書記の意だけれども、今回は原義の「秘密を取り扱う人」の意だろう。「郵便局職員3分セクレタリー我の封書を通し微笑む」。」
 次席から以降の作品にも、学ぶ所が大きかった。
 第7回「花薔薇賞」1首の発表があるが、所属歴が短い僕には、趣旨がよく判らない。
 「他誌拝見」「受贈歌集歌書紹介」が丁寧である。
引用
 「東聲集」のN・和子さん「今ゆえ想う」6首より。
今風の着ぐるみ達は芸達者ヒップホップのダンスもこなす
 新しい内容(「ヒップホップ」が僕によく判らないので、電子辞書で引いた)を、なめらかに詠んでいる。
 「覇王樹集」のO・雅子さん「叔母の心」6首より。
淡々とホームに入る準備する叔母の心は測りようなし
 叔母の心を推し測り寄り添おうとしながら、結局測り得ない無念さにいる。


IMG_20180727_0001
 7月27日(金曜日)の昼に、所属する結社の歌誌「覇王樹」2018年8月号が、クロネコDM便で届いた。
 
同・7月号の紹介は、今月3日の記事にアップした。

 今月号には、通常立ての他、20首連作を競う「覇王樹賞」の発表と、「花薔薇賞」の発表がある。
 それらを含め、読み了えたなら、ここで紹介したい。

 僕の歌6首(出詠8首より選)他は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」(アメブロ)の、7月27日の記事以降に、小分けに順次発表するので、横書きながらご覧ください。

 現在は体調が良くなく、パソコンも不調のため、簡単な記事で失礼します。




IMG
 7月29日の記事で到着を報せた、結社歌誌「覇王樹」2017年8月号を、ほぼ読み了える。
 月刊だけれど、42ページと、ページ数は多くない。
 全5クラスの内、会員の「覇王樹集」は4名、準同人の「紅玉集」は7名であり、同人が3クラスある。
 しかも通常の6首掲載の他に、10首詠4名、力詠15首2名は、同人から選ばれている。
 「覇王樹賞」20首詠の発表があった。受賞のK・六朗氏の「日常と偶感」も良いけれど、僕は秀作になった、T・節子さんの「移ろひ」に惹かれた。
 付箋を貼った1首を次に引く。
風止めば雪となるべし冬帽子きつちり被り白菜を採る
 離れ住んでいる病む夫を想いつつ、農業にいそしみ、帰宅した夫に安堵している。
 夫婦の情感の籠もった、佳い連作だと、僕は思う。




↑このページのトップヘ