風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

角川

角川「短歌」5月号
 4月25日の発売日に、角川「短歌」2018年5月号・kindle版を、タブレットにダウンロードした。
 定価:724円で、紙本版:950円の、ちょうど2割引きである。
 なお
同・4月号の感想は、今月2日の記事にアップした。

 今号の現代歌人特集シリーズは、馬場あき子(以下、敬称・略)である。
 角川「短歌」は、馬場あき子を持ち上げてきており、同・2月号の「追悼特集 岩田正」にも呼応している。
 錚々たる歌人が、インタビューし、書き、語り合っている。
 連載の酒井順子「平安の女友達」なども楽しみである。



 

角川「短歌」1月号

 今月7日の記事で、短歌編を紹介したkindle版・角川「短歌」1月号より、散文をほぼ読み了える。もうすぐ3月号の発売される時期だが、「歌壇」2月号を読んだので、その点はお目こぼし願いたい。
 「短歌」の目次からは当該記事へ飛べなく、画面をタッチしてタブレットの左端に現れる目次は掲載ページ順でなく、また字数制限で題名の全体は表れなく、読むのに難儀した。
 書評16編は、書くにむずかしい。べた褒めでは、著者と角川に阿っているようだし、否定的な事は書きにくい。10あるうち、9つは褒めても1つは釘を刺しておきたい。
 歌壇時評の、佐藤通雅「「華の迷宮」、挫折」は自分の体験に引き寄せたジェンダー論だけれども、彼の提案する方法で性差別が解消するとは思えない。
 同じく歌壇時評の薮内亮輔「リアリティという病」は、誘われた歌会で「ぼろくそに批評され」た所から始まる。短歌も評論も、小さな違和感から始まるのであり、私怨だとは思わない。現実の、あるいは感情の、リアリティは必要だと思うけれども。
 本阿弥書店「歌壇」には何本かある、本格的な連載評論が1つもないのは、読まれないからだろうか。時代の良心として、必要だと僕は思う。
 投稿歌欄は読まなかった。僕は歌の投稿の経験がない。ある程度の費用を払っても、同人歌誌、結社に入って、歌の掲載を保証された方が良い。あるいはネットに活路を見出すのも良い。


角川「短歌」1月号
 先の1月24日の記事でダウンロードを報せた、角川「短歌」2018年1月号より、短歌編(引用歌、投稿歌を除く)と散文の1部を読み了える。kindle版を、タブレットで、文字の小さな散文は「拡大」を押して詠んだ。
 短歌編とは「新春75歌人大競詠」である。10首or7首と短いエッセイである。短歌は、著作権等に扉文で厳禁されていて、引用等ができない。
 エッセイのテーマは「世界で一番有名な歌は」であるが、紛らわしい。短歌の世界で「歌」といえば短歌を指すが、それ以外ではsongを指すので、応えるエッセイも混乱している。
 短歌を指すとして、短歌は外国での認知度が低くて、俳句や日本現代詩のようには、浸透していないらしい。
 それに「有名な歌が優れた歌であるか」との疑問も書かれ、角川「短歌」の設問としては、あまりに拙い。
 なお何名かが「君が代」を挙げていた。「古今和歌集」に載り、初句「君が名は」であるらしい。歌集に載っていたとはいえ、国歌となれば短歌とは別格である。また非合理的で、国家主義に利用されやすく、あまり佳い国歌とも思えない。
 評論の1部を読んで、歯に衣着せぬ論調であり、勇ましい諸編だと思う。もう少し評論を読みたい。


↑このページのトップヘ