風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

Kindle本の第1歌集「雉子の来る庭」をKDPしました。右サイドバーのアソシエイト・バナーよりか、AmazonのKindleストアで「柴田哲夫 雉子の来る庭」で検索して、購入画面へ行けます。Kindle価格:250円か、Kindle Unlimitedで、お買い求めくださるよう、お願いします。

角川書店

 角川書店「増補 現代俳句大系」第15巻(1981年・刊)より、17番めの句集、北野民雄「私歴」を読み了える。
 先行する森澄雄・句集「鯉素」は、今月7日の記事にアップした。



 原著は、1978年、牧羊社・刊。中村草田男・序句1句、506句、著者・あとがきを収める。
 1948年~1967年までの句を、4つの年代に分けて収めた、第1句集。
 北野民雄(きたの・たみお、1913年~1988年)は、1946年の草田男「萬緑」創刊とともに参加、長く功績を積んだ。
 敗戦直後は貧しかったが、後に成功し、旭倉庫、みすず書房の各社長となる。
 含羞ある家族吟、旅吟に、味わいがあるとされる。
 後に句集「夢殿」(1986年、俳人協会・刊)がある。還暦後、充実ぶりを示す、と自ら述べている。

 以下に5句を引く。
寝て一畳流離極まる餅うまし
文化の日枯れれば薪も割りやすし
万緑や水もて子らの四肢潔む
枯萱の果ての工場ストの旗
晩夏の旅家鴨のごとく妻子率て

 なお「増補 現代俳句体系」全15巻を読み来たって、残るは斎藤玄・句集「雁道」1冊のみである。
0-07
写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川書店「増補 現代俳句系」第15巻(1981年・刊)より、16番めの句集、森澄雄「鯉素」を詠み了える。
 先行する阿部みどり女・句集「月下美人」は、今月3日の記事にアップした。



 原著は、1976年、永田書房・刊。381句、著者・あとがきを収める。
 森澄雄(もり・すみお、1919年~2010年)は、1940年の加藤楸邨「寒雷」創刊に参加、1970年に「杉」を創刊。飯田龍太と共に、伝統俳句の代表作家と呼ばれた。
 その後も句集を刊行し、1997年に恩賜賞・日本芸術院賞を受け、芸術院会員となる。

 「鯉素」は、漢詩に依り、「手紙」の意である。4年間の句は、旅に得た作品が多い。旦那俳人が、地方の旦那衆俳人を巡って指導するようで、嫌味である。地元で吟じられた句は、嬉しいようにも思うけれども。社会性俳句、前衛俳句に、背を向けた果てだろう。


 以下に5句を引く。
をさなくてめをとはよけれ二つ雛
青涼の葦と暮らして葦長者
甘橿の国見に雲雀羽ふるふ
吾亦紅すこしいこへば空の冷
青紫蘇を嗅いで力に峠越

0-05
写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川書店「増補・現代俳句大系」第15巻(1981年・刊)より、15番めの句集、阿部みどり女「月下美人」を読み了える。
 先行する鷲谷七菜子・句集「花寂び」は、先の3月24日の記事にアップした。



 阿部みどり女の句集は、同・大系にあった筈と、先のブログ「サスケの本棚」を内部検索すると、2013年1月19日の記事に、感想をアップしている。1947年・刊の「笹鳴き」である。


 阿部みどり女(あべ・みどりじょ、1886年~1980年)は、「月下美人」刊行当時、卒寿を越えていた。
 原著は、1977年、五月書房・刊。200部限定、価格:1万5千円の豪華本だった。210句(月下美人の連作、8句を含む)、著者・あとがきを収める。
 この後の句集に「石蕗」(1982年・刊)がある。
 阿部みどり女は、1915年、虚子「ホトトギス」に参加、1932年に「駒草」創刊・主宰し、戦後、再刊させる。

 情緒ある、有季定型の句を創り、枠をはみ出さなかった。210句を、5章に分けて収める。この句集を含む業績により、1978年、蛇笏賞・受賞。



 以下に5句を引く。
重陽の夕焼に逢ふ幾たりか
雉子羽をひろげ野良猫逃げてゆく
鳶烏左右に別れ冬の山
退院の握手を医師と夏の雲
栗鼠渡る秋深き樹を皆仰ぎ
0-04
写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。



このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川書店「増補 現代俳句大系」第15巻(1981年・刊)より、14番めの句集、鷲谷七菜子「花寂び」を読み了える。
 先行する高木晴子・句集「春居」は、今月17日の記事にアップした。



 原著は、1977年、牧羊社・刊。1969年~1976年の394句、著者・あとがきを収める。
 鷲谷七菜子(わしたに・ななこ、1923年~2018年)は、1942年より水原秋桜子「馬酔木」に投句、1946年・山口草堂「南風」に入会した。1984年「南風」主宰、2004年・辞して名誉顧問となる。
 上方舞の楳茂都流3代家元・陸平と宝塚スター・吉野雪子の長女として生まれながら、生後間もなく祖父に引き取られ、人生・恋愛に挫折がありながら(巻末・対談より)、気品ある句を創ったとされる。
 2013年、全句集(角川書店・刊)あり。
 僕はこれまでよく分からなかった、1969年~1976年頃の、社会の心情的風潮に初めて接した気がした。以下の5句には引かなかったけれど、「沙羅の花雲霧は末の散りやすし」(1970年)、「雪の世に火を焚いてゐるうしろかげ」(1976年)等、まさに花寂びの句境と言える。


 以下に5句を引く。
髪の根を解くや夜の雪とめどなし(1970年)
かなかなや夕日を知らぬ谿の村(1971年)
紫雲英田のびつしり村に嫁来る日(1972年)
閉してなほ湖光の障子さくらどき(1973年)
ひかりみな湖にひそみて梅の青(1975年)

0-03
写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。



このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川書店「増補 現代俳句大系」第15巻(1981年・刊)より、13番目の句集、高木晴子「晴居(はるきよ)」を読み了える。
 先行する下村ひろし・句集「西陲集」は、今月6日の記事にアップした。



 原著は、1977年、玉藻社・刊。高浜虚子・序、316句、著者・あとがきを収める。
 第1部は、「晴子句集」(1951年・刊)の200句、第2部はそれ以後116句を集めている。
 高木晴子(たかぎ・はるこ、1915年~2000年)は、高浜虚子の8人の子の内、5女である。
 彼女の俳句は、虚子の膝下に伸び伸びと育ち、夫(日本銀行員)の転勤による北国生活以外、ほとんど屈折を持たない。1984年、俳誌「晴居」を創刊・主宰した。
 後の句集に「続晴居」がある。

 以下に5句を引く。
この街に二た月すぎぬあられふる
搗初の水車の杵のみな動く
親しさの別れの句会薄紅葉
ふと音の大きくなりて暖炉燃ゆ
卓の上うちはの他になにもなし
0-01
写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。





このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川書店「増補 現代俳句体系」第15巻(1981年・刊)より、12番めの句集、下村ひろし「西陲集」を読み了える。
 先行する堀口星眠・句集「営巣期」は、先の2月24日の記事にアップした。



 原著は、1976年、東京美術・刊。
 水原秋桜子・序、674句、著者・あとがきを付す。
 下村ひろし(しもむら・ひろし、1904年~1986年)は、1933年、秋桜子「馬酔木」入門、1947年「棕櫚」創刊。
 本集にて、1977年、俳人協会賞・受賞。
 字余りがほとんどなく、句割れ・句跨がりもなく、端麗に吟じられている。長崎県を出る事少なく、キリスト教、隠れ切支丹、長崎原爆等を、飽くことなく繰り返し吟じている。



 以下に5句を引く。
日時計や復元花圃に冬芽満ち(出島蘭館址)
降灰の島畑くらき枇杷の花(桜島)
浅春の水勢矯めて熊野川(熊野路)
蝕甚の月下しづもる爆心地
蛙田や将なにがしの陣屋跡
0-74
写真ACより、「ケーキ」のイラスト1枚。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川書店「増補 現代俳句大系」第15巻(1981年・刊)より、11番めの句集、堀口星眠「営巣期」を読み了える。
 先行する成田千空・句集「地霊」は、先の1月23日の記事にアップした。




 原著は、1976年、牧羊社・刊。676句と、著者・あとがきを収める。
 1958年~1976年の句を、年代順に収める、第2句集。
 堀口星眠(ほりぐち・せいみん、1927年~2015年)は、医学博士、開業医、クリスチャン。
 水原秋桜子に師事、高原俳句の中心となり、秋桜子・没後の1981年「馬酔木」の主宰となるも、1984年「橡」を創刊して、「馬酔木」主宰を辞す。
 鳥たちと草木を吟じ続けて、清新である。医師であった事、クリスチャンであった事は、句作に良い働きをしたのだろう。
 以下に5句を引く。
黒曜の鶫ひそめり谷卯つ木
夜鷹鳴き硫気にゆらぐ星ひとつ
森番に飼はれ夜を鳴く虎鶫
郭公やそよ風わたる幼髪
頬赤の鈴割れごゑや秋立つ日
0-69
写真ACより、「ケーキ」のイラスト1枚。




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ