風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

記念号

CIMG9438
 先日、「水脈の会」から贈られた、同人詩誌「水脈」60号を、ほぼ読み了える。同・59号の紹介は、今年4月14日の記事にアップした。
 記念号とは謳っていないけれども、招待作品、詩への思いをおもに集めた随筆欄、会・代表の巻末の「水脈六十号を迎えて」、「編集後記」がその祝意をあらわしている。
概要
 先の「水脈六十号を迎えて」に拠ると、1991年に創刊されている。「編集後記」に拠れば、会員18名、読者会員16名という事である。
 「詩人会議」系の福井県の詩誌として、力を発揮している。
感想
 招待作品では、W・本爾さんの「どこまでも いつまでも」にも心打たれる。力の籠もった、勇猛な想いを描く。それも遣り場のない怒りを、暗喩の世界で表わしている。
 同じく招待作品、A・菜ずなさんの「呼吸」は、遺作であろう。2017年7月26日に、亡くなった。生き方に、癌に、悩んだ人生だった。終い2行は、「私の魂は 嗚呼/今日も呼吸している」。
 N・千代子さんの「分断」に注目。政治は、大衆の政治離れの中で、悪化する。それも反権力側の無力に、幻滅する事から来る。
 詩のエッセイで、同じくN・千代子さんの「料理と詩」は、詩作を料理にたぐえ、材料を集め味付け彩りも考え、作るという。理路整然とし過ぎていて、全面的には肯いがたい。

引用
 I・冴子さんの「母を送る」が、細かく描いて、挽歌としてとても優れている。長い詩なので、とぎれとぎれの引用で拙いが、許されたい。

  母を送る

 母が死んだ
たった三十九日間の入院で
……
髪の手入れを欠かさなかった母のために洗髪を頼む
眼をつむったまま、実に気持ちよさそうだ
……
次の日も青空が広がって
「やっぱり晴れ女やねえ」と声があがる
……
「太陽の下で長い間よう働いたもの」
「どこもかも、やっと楽になったねえ」
あれこれ話しながら、軽くなった母を拾う
……
思いがけず激しく雪が舞っていた
「名残り雪だね」
きっと母が降らせたのだと、みんなが泣いた

母が死んだ
いのちには限りがある
最後は一握りの骨になる
そう伝えて、母は逝った






 7月6日のサラダ記念日が過ぎ、七夕が過ぎ、7月11日を迎えようとしています。
 僕の本棚には、「サラダ記念日」が、なぜか4冊ありますが、抜き出して来た帯付き本は、1987年、275版です。
 ベストセラーとなってしばらくして、僕も買いました(流行には危険を感じて、しばらく安全を確かめる性格)。
 第1歌集は240万部売れ、吉本隆明は「文学現象を越え、社会現象だ」と述べていました。
 時はバブル期(拙作「「明るさは滅びの徴し」バブル期のかつてのある日ふと怖れにき」)。
 あの吉本隆明が、「このあと、われわれは死後の世界へ入るのだ」と(僕の記憶に間違いなければ)叫んで(著書で)いた時代です。
 「サラダ記念日」掉尾の歌は、「愛された記憶はどこか透明でいつでも一人いつだって一人」です。
 第2歌集は40万部だったそうで、200万人はどこへ行ったのでしょうね。
 俵万智はその後、不倫、シングルマザー、仙台移住、沖縄へ避難、宮崎県移住と、私生活では花盛りでは無かったようです。
 ただし俵万智の評価は高く、ファンも多いようです。
 先の7月6日には、サラダ記念日30周年の集いが執り行われた、とか聞いております。文学誌の記念号も発行されました。
 そして僕は、短歌を詠んでいます。(タブレットより、起稿しました)。
0-16
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



40号
 県内にお住まいの詩人、N・としこさんが、同人詩誌「角」の第40号、第41号を送ってくださった。
 第40号を紹介する。2016年6月・刊。
 何版というのか、B5判よりやや大きく、42ページを数える。
 13名13編の詩では、まずS・章人さんの「もういいかい」が優れている。隠れんぼの遊びは、よく詩の素材となるが、末行の《 モウ イイヨ 》までは、描かれなかった。鬼が独り取り残される、という主題はあったけれども。
 N・としこさんの「トウ ルルルー」では、赴任していた息子夫婦が戻ってきた喜びを、楽しげな文体で描く。
 40号記念エッセイ(3段1ページ)を、6名が寄せている。
 編集役のK・久璋さんは詩とともに、散文「小説に向かって―創作管見」、「詩研究『自画像』からの出立―岡崎純の初期詩編」をアップしている。
 Y・勝さんの映画論は、熱が上がり過ぎたようだ。

↑このページのトップヘ