風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

評論

IMG_20180920_0003
 先の9月21日の記事、、「頂いた本など9冊より(2)5冊」で報せた内、3番目の[COCOON」Issue09を読み了える。
 
同・Issue08の感想は、今年6月22日の記事にアップした。
概要
 結社「コスモス短歌会」内の若手歌人に拠る、季刊同人歌誌である。1965年以降生まれと限定するらしい。シニア誌に「灯船」がある(僕は読んだ事がない)。
 Issue09は、2018年9月15日・刊、81ページ。
感想
 巻頭24首詠4名、12首詠の外、評論、エッセイ、アンケート、短歌を添えた細密イラスト(2点2ページ)など、厳しく楽しく運営しているようだ。
 M・竜也さんの「ガラスで町と隔たれている」は、「隔てられいる」が正しいだろう。新古の文法が混じると、戸惑うらしい。
 無責任な自称・叔父さんは、巻末のアンケート「好きだった給食は?」の答えに、もっとも関心を持ってしまう。
引用

 N・まさこさんの「圧」24首より。引く1首は、信用しない教師・生徒の関係が詠まれる。
よるほどにくちびるむすぶ女生徒に近寄るほどにほどけなくなる
 O・達知さんの「やまねこ」24首より。そう、僕たちは30年後に心に響く歌を詠もう。
三十年のちに自分を揺さぶると知らずに揺れていたり<やまねこ>(中島みゆき)
 S・なおさんの「プキュと鳴く」12首より。刹那的、瞬間的であり、1回性である。逃避的でもあるが、悪い生き方ではない。
白くまをすくふスプーン冷たくてくぼみのなかに踞りたし





IMG_20180826_0001
 僕の所属する結社歌誌「覇王樹」の、2018年9月号が8月26日(日曜日)、ヤマト運輸のクロネコDM便で届いた。
 先の
同・8月号の感想は、今月8日の記事にアップした。
 またホームページ
「短歌の会 覇王樹」もすでに、9月号分に更新されている。
 僕の歌6首(8首より選)、題詠・脳トレ短歌(各1首)、被批評2首などは、アメブロ「新サスケと短歌と詩」の8月27日の記事、
同・「僕の歌(1)3首」より、少しずつ小分けに発表して行くので、横書きながらご覧ください。
 また僕は、短い(2ページの)評論、「啄木『一握の砂』の「道・路」」を載せて頂いた。力量の無さ拙さが目立つ1文である。年度間テーマ「道・路」の散文を募集していた。編集部のお誘いがあったとはいえ、入会1年の僕には、畏れ多い事であったか。
 ブログ文には長いので、ネットで公開するかどうか判らない。
 今号も読み了えたなら、ここで紹介したい。




CIMG9309
 3月23日に、入手記事を書いた3冊の内、季刊同人歌誌「COCOON」Issue03を、ほぼ読み了える。
 
同・Issue02の紹介は、昨年12月23日の記事にアップした。
 「COCOON」は、結社「コスモス」内の同人歌誌であり、「灯船」の弟妹誌として、同人は1965年以降生まれに限る。
 同人は勢いのある、実力ある若者ばかりで、僕は「しがない叔父さん」気分で見守っている。
 評論に優れ、I・文子さんの「両手を広げて」、M・惠子さんの「応答せよ」、K・智栄子さんの「『言葉の力』を信じて」、O・達知さんの「今読み返す一冊 自分のこころをみている自分」、他、多彩である。
 A・知津子さんの「「雲の城」24首より。
をさなさの残るめんどり抱きやればまぶた下よりつむりてしづか
 M・陽子さんの「桃色のトリケラトプス」24首より。
「帰ろう」と五度目を言いぬ夕暮れの雲梯渡る六歳の子に
 K・なおさんの「蟹剝き」12首より。
好きだっただんごむしもう探さなくなりてつまらぬアスファルトゆく
 O・達知さんの「レーズン」12首より。
レーズンになりゆくまでのひそやかな喜怒哀楽の怒を思ひをり



CIMG9226
 遅くなったが、先の11月21日の記事(←リンクしてあり)にアップした、「2016ふくい詩祭」のおり、「水脈の会」代表の稲木信夫さんより、彼が邦訳したエリザベス・グレイス・著「日本女性プロレタリア詩人中野鈴子」を頂いた。
 エリザベス・グレイスはイギリスの文学研究者である。稲木さんは、中野鈴子・研究をライフ・ワークとすると公言しており、すでに研究書3冊を上梓している。
CIMG9223
 先日、坂井市にお住まいの作家・評論家の張籠二三枝さんが、評論「三好達治 詩のエピソード」を送って下さった。紫陽社・刊。
 彼女は3冊の小説集を上梓すると共に、「三好達治の詩を読む会」代表として、すでに「三好達治 詩(うた)語り」を2014年に上梓している。
 僕のような者に本を贈られるのはありがたく、共に読みおえて、ここに紹介したい。


41号
 昨日に続き、N・としこさんに贈られた同人詩誌、「角(つの)」第41号を紹介する。2016年10月・刊。
 巻頭の詩、Y・清吉さんの「早稲田」が優れている。反原発等の政治を離れ、リタイアした農民として、大地の豊穣を謳う。「…今年の新米は出回る 虫の声に送られ/不可思議である 田んぼの力 奇怪千万/百姓の己(うら)何をした なんもせなんだ/…」。
 K・久璋さんの「膕(ひかがみ)」では、「…/爾来五十年 その後どうなったものやら/今では丸く女房に納まっている/…//羽衣は返しはしない/とかくその日までは」と、妻への執着を語る。
 H・信和さんの「居酒屋で」は、「…居酒屋では/選ぶことを楽しめばいい//かみさんと僕には/それぞれの好みがあり/それが重なることも/たまにはある」と結んで、子供たちが独立し、夫婦二人の穏やかな関係を描く。
 Y・勝さんの映画論「続・僕の懐かしシネマ館 18 番外編3 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン「雪の轍(わだち)」」は、3段6ページに渉って熱弁を振るう。トルコ映画の、監督と作品の素晴らしさは認めよう。ただし、原作のチェーホフの2編の内、「妻」は僕も読んでいて、富裕知識人の夫婦は、こんな事で諍うのかと呆れたのだった。
 詩12編、評論2編を、34ページに収める


CIMG9185
 同人詩誌「青魚(せいぎょ)」No.85(2016年10月30日・刊)を、ほぼ読みおえる。
 同号が届いた事は、11月2日の
記事(←リンクしてあり)にアップした。
 また同・記事のリンクより、僕のソネット8編のうち7編を、1日1編ずつ連載した。
 T・幸男さんの「ドヂの独白・うつつの鳥瞰」の前半は、「詩集ふくい2016」に既に寄せている。
 入院生活を皮肉に比喩で描きながら、世への怒りを訴える。また後半も含め、哲学原語を用いながら、原発など俗世への反発を強めている。
 M・幸雄さんの「詩人懇話会会報九十二号に触発されての随想」では、会報の自分の記事の誤植、Kさんへの3つの批判、蔵書の各種辞典、などを述べた(2段5ページ)。
 また評論としてK・久璋さんが「杉本直『馬』連作とネオリアリズムの潮流」(2段6ページ)、A・雨子さんが「詩の小ささ」(2段2ページ半)を寄せている。
 同誌の方針として「来る者拒まず、去る者追わず」らしいので、多彩なメンバーが詩と散文を寄稿した。

↑このページのトップヘ