風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

詩と詩論

 吟遊社「春山行夫詩集」(1990年・刊)より、「「詩と詩論」より」の2回目の紹介をする。
 
同・(1)は、今月12日の記事にアップした。
 「詩と詩論」は、春山行夫が編集長になって、厚生閣から1928年より発行された、モダニズム誌である。
 年4冊で、全20冊を発行したが、第14冊から「文学」と改題され、春山行夫も同時に厚生閣を退社した。「「詩と詩論」より」には、第14冊に発表の3編の詩を以って終いとする。
 「POESIE」と題する、シュールでオートマチズムの作品(散文詩型)は、この本で15ページにわたる長編だけれども、僕はポエジーを感じない。
 「牡牛と葡萄と梨と家屋と野兎はテラスより見ることができる牧場に落ちた若干の利益である」は、ほとんど同語反復で成されている。「百合の花は百合の花に百合の花で…普通の思考の思考を思考する思考の思考を…」と続く1連の、同語反復と共に、無意味である。
 「キャリコの花」は、「イイ時候ニナッテ/大キナ花ガサイフオンノ中ニ咲ク/葡萄ノ蔓ハワルク伸ビ…」と続く。次の「キイプセイク(注・意味不明)」では「コンソメの匂ヒガ/亜麻色ノオ昼ヲ告ゲル/傍観者ノ態度デ/ヨオロツパ行ノ汽船ノ汽笛ガ鳴ル/…」と続く。中産階級の最後のハイクラス感だろう。
 1932年の年譜には、「毎月数誌に詩、訳詩、書評、評論を執筆」とあり、春山行夫の最も活動旺盛な時期だったろう。
 しかし僕は、これらの無意味な詩に、詩情を感じない。指示表現が無く、自己表現を感じない。
 無用の詩である事に拠る、時代への抵抗だったかも知れないが、後の敗北は明らかだった。
  (注:引用の中に、正字を新字に替えた所があります)。
0-31
写真ACより、「お花屋さん」のイラストの1枚。



 吟遊社「春山行夫詩集」(1990年・刊)の、「「詩と詩論」より」から、1回目の紹介をする。
 先の6月20日の記事、
同・「「青騎士」より」に続く。
  春山行夫は1994年に亡くなっているので、4年前・1990年の吟遊社・版のこの詩集(米寿記念・出版)は、戦後に詩作の少なかった彼にとって、ほぼ全詩集と呼んで良いだろう。
 「詩と詩論」は、春山行夫・編集、厚生閣・刊のモダニズム詩誌(第14冊から「文学」と改題して文学誌となる)で、1928年~1933年、全20冊を刊行した。
 「「詩と詩論」より」は、この詩集(1段組み)で234ページ~310ページと長いので、2回に分け(1)~273ページ、第8冊まで(この詩集では、第14冊目までを納める)を記事アップする。
 「詩と詩論」は当時の、マルキシズム系、アナーキズム系の詩を除く、新しい詩のすべての流れが集まり、1大潮流となった。プロレタリア文学の詩観から独立し、レスプリ・ヌーボー(新詩精神)による詩作と、文化との連帯を目指した。
 社会性遊離の運動は、結局、社会より復讐され、滅びるより無かったのだろう。
 あと274ページ~310ページの37ページだが、無論理性の難物が待っている。
0-23
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ