風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

詩人

 6月23日(第4日曜日)午後1時半より、敦賀市立北公民館3階ホールにて、詩人・岡崎純さんを偲ぶ、第2回「蝸牛忌」が催された。
蝸牛忌・全景
 上は、K・久璋さんの開会挨拶の場の、背面よりの全景である。もっとも、画面を外れて左側に椅子を出して、数名が座っていた。
 昨年には、僕は急な事情で参加できず、残念だった。その事情は、昨年6月11日の記事、第1回「蝸牛忌」参加・断念の記に記したので、ご覧ください。

蝸牛忌・題字と遺影
 上の写真は、今回の題字と、若き日の岡崎純さんの遺影である。
 忌祭は(午前中の墓参を了えて)、4時半までの予定で始まった。
 S・博美さんの総合司会で、K・久璋さん(詩誌「角」代表)の開会挨拶のあと、S・道明さん(詩人・作家・評論家)の基調講演「岡崎純詩の怒りとユーモア―日野山の山容が育んだもの―」があった。資料と実地体験と研究に想像力を合わせた、自身の老化の自覚に抗いつつ、凄みのある講演だった。若き日の出会いから始まって、①優れた文学者には、模倣者が現れる。岡崎純さんの詩には、模倣者がおり、模倣を一概に悪いとは言えない。②農民の信心を、美徳とは捉えていない。無念を彼岸に持ち越したのだ。

 岡崎純さんの4編の詩に、M・勇さんが作曲し(ピアノ伴奏を得て)独唱した。
 10分間の休憩ののち、第2部。画廊喫茶のマッチ箱にかつて印刷した14編の短詩を、約10名が朗読した。
 岡崎純さんの詩にしばしば現れる小動物に因んで、詩人・フランス文学者のT・武光さんがルナールの詩集「博物誌」より何篇かを原語で朗読し、Y・勝さんが邦訳(岸田国士・訳)を読み上げた。スクリーンに挿し絵を写しての、僕には新しい世界だった。
 催しのしまいに、「岡崎純の詩をめぐって」というシンポジウムがあり、K・久璋さん司会のもと、T・晃弘さん、K・不二夫さん、I・秀子さんが、岡崎純さんとの出会いから、作品論までを語った。
 岡崎さんのお孫さんのY・杏子さんから遺族・謝辞、W・本爾さん(福井県詩人懇話会・代表)の閉会挨拶があり、遠路参加者へのK・久璋さんの配慮のお陰で、定刻の4時半に第2回「蝸牛忌」を了えた。


 

CIMG1953 (2)
 6月8日(第2土曜日)の朝10時より、講座「福井が育む文学を訪ねる」第2回が、福井県立大学永平寺キャンパスの1室で催された。
 同・第1回は、先の5月26日の記事にアップした。
 今回も受講者は、予約定員の30名を越えたようだ。
第1講座 「福井ゆかりの詩人たち」
 講師は、詩人(詩集・受賞・多数、詩誌「木立ち」代表)の川上明日夫さん。
 近代以降の福井の詩人として、三好達治(寄寓)、中野重治、高見順(2、3歳で福井県を離れる)、則武三雄(鳥取県・生まれ)、広部英一、荒川洋治を取り上げ、それぞれの業績を評価した。
 また福井を離れた詩人、福井に寄った詩人、福井で定住者の文学を提唱した詩人、それぞれが福井の地を愛した事を挙げた。
 川上明日夫さん自身も、幸福な状況で詩を書いて来れたとしながら、旧・満州生まれで引き揚げた、故郷喪失者である事を告げた。
第2講座 「ふるさと再発見」

 講師は、詩人、児童文学作家の藤井則行さん(ふくい児童文学会・代表)。
 伝説「きつね塚」(母親から聞いた話)と、昔話「けい坊・はい坊・あんだ坊」(勝山市で採話)を例に、伝説と昔話の違いから説き起こし、昔話の研究から得られた、特質を述べた。「昔、ある所」と始まる(どちらかが省略される場合がある)、会話の文と地の文(行動を表わす)で成っている事、ほとんどハッピィエンドである事、教えとして度胸・知恵・機転がある事などを挙げた。その因として、庶民に語り継がれた話であり、願望が込められていると結論した。
 現代の創作童話にも、それらの研究を活かしたいと述べて、締め括った。
 時間が30分ほどオーバーし、12時半頃に散会した。


 今月12日の記事の通り、思潮社「関根弘詩集」(1968年・刊)より詩集「絵の宿題」を読み了えたので、次の詩集「死んだ鼠」に読み入り、全5章の内、第3章までを読み了えた。

概要
 詩集「死んだ鼠」の原著は、1957年、飯塚書店・刊。
 全5章に分かれ、第1章「死んだネズミ」4編、第2章「娘の手紙」8編、第3章「城」5編まで読み進む。
 関根弘(せきね・ひろし、1920年~1994年)は、詩だけでなく、小説、ルポルタージュ、評論などで活躍した。
感想
 第1章「死んだネズミ」より。
 詩集表題作「死んだネズミ」では「死んだネズミは/目をさまさない/それでも/ネズミはネズミ」と書く。この本の「あとがき」で、、わたしの詩は死の感情ばかりをとりあげてきた、と書くから、ネズミは彼自身の比喩か、「一つの社会の死」を指すか。
 第2章「娘の手紙」より。
 「星のテープ」では、「フミコはひとに憎まれず/一人の亭主を憎んでいる。/俺はいろいろな奴を憎み/いろいろな奴から憎まれている。」と、庶民夫婦の愛憎を描く。
 「娘の手紙」では、「恋人は娘に詩を捧げた/しかしそれがなんになろう」と、詩人の無力と、詩人の恋人の不幸を描くようだ。
 「カラスは白い」では、「政府はカラスを黒にもどしたが/いったん白くなったカラスはもとにもどらぬ/白いカラスがとんでいるのを僕は見た」と、戦時中の洗脳の怖さだろうか。
 第3章「城」より。

 5節から成る「城」は、廃墟の鉄屑→屑鉄拾い→製鉄会社、と関心が移ったか、製鉄会社の事務、溶鉱炉の現場などを描く。見物の社長や銀行頭取を取り上げる所が、社会派の彼らしい。
0-26
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。



IMG_20181019_0002
 今日2回目の記事更新です。
 県内にお住まいの詩人・青山雨子さんが、10月17日(水曜日)に、郵送で詩集「冷麺」を贈ってくださった。
 2017年9月8日の記事
「届いた2冊」で紹介した、「東京ベースボール」に次ぐ、第8詩集である。
 生活の中にシュールな場面を登場させた、特異な作品を描き続けて来た。この詩集には、変化もあるようだ。
 思潮社「現代詩年鑑」でも紹介された実力のある詩人だ。
 出版社「日野川図書」を経営し、則武三雄・選詩集を出版した彼女が、どのような変貌を遂げたか、楽しみである。
 読み了えたなら、ここで紹介したい。
 なお彼女は、僕が編集役をしていた同人詩誌「群青」(2016年、第34号で終刊)の同人として活躍した。


 詩人・岡崎純氏が死去されてちょうど1年、2017年6月10日(第2日曜日)、第1回・忌祭「蝸牛忌」が執り行われた。
 僕にも案内が来て、腰弱のため墓参は失礼し、午後の「集い」にのみ参加する旨、世話役の金田久璋さんへ電話で伝えてあった。

 岡崎純氏は、詩の活躍で数々の賞を受賞しただけでなく、詩誌「木立ち」、「角」の同人として詩誌を盛り上げた。
 また1985年の「福井県詩人懇話会」発足より、初代代表として、その人徳で25年間、会をまとめて来た功績が大きい。
 個人的にも、僕の第1詩集「みだれた足跡」に長文の跋文を頂くなど他、親しくお世話になった。

 僕は6月9日の夜、案内書、電車の時刻をメモした手帳、電車で読む本、等を枕頭に用意し、衣服も用意した。
 しかし10日の目覚めに、起き上がろうとすると、左足の脹脛に違和感があった。違和感は激しい痛みとなり、歩くに足を引きずり、階段は両手を付いて1段ずつしか上られなかった。腱というか靭帯というか、痛めたらしい。
 ここで敦賀市での「蝸牛忌」参加を断念した。詩人懇話会事務局長の千葉晃弘さんへ電話し、以上の事情で参加を出来ない旨、伝えておいた。

 ここにつたない1記事を書き、恩徳を偲び、追悼とする。
276664a41ea2baeb2ee10bae55f92a95_s
写真ACより、「蓮の白花」の写真1枚。




IMG_20180204_0002
 今月5日の記事「届いた2冊」で報せた内、定道明さんの短編小説集「外出」を読み了える。
 なおリンクより、前の短編小説集「風を入れる」の紹介へ遡り得る。
概要
 「外出(がいしゅつ)」は、2018年2月1日、編集工房ノア・刊。帯、カバー、249ページ。9編の短編小説を収める。
 初出は、「青磁」(2編)、「イリプス」(5編)、「海鳴り」(1編)、書き下ろし1編である。
 彼は詩人、小説家、評論家であり、端整な詩を書き、Wikipediaの「中野重治」の項に、研究者として名前と著書が載っている。
感想
 冒頭の「川蟬色の記憶」は、夫婦連れで蟋蟀橋の紅葉を観に来た男性が、若い頃、わずかに好意を持ち合った女性(赤ん坊を背負っている)と出会い、名乗らぬままわずかに会話を交わす話である。その女性が幸福そうではないが、気に掛ける訳にも行かない、という心残りのまま常識的に振る舞って終わる。
 「落ちていた雀」では義父(妻の父)を、「Jの終り方」では交流のあったJ老人とその周囲の人への、対象人物の死後のオマージュである。それぞれの特性を捉えている

 「505号室」は、長く不和だった娘が、手術を受ける大病をし、「私」と和解する話のように思える。次の1節がある。「我に返った人々は納得して現実の生活に戻って行く。そしてそれから、幸も不幸もある。」 しかし納得できなかった人は、歌人・竹山広のように、長く長く内心の戦いを続ける。
 諸編で、一人での旅、妻との旅、思い出、故人へのオマージュ等、エピソードは行き来して、本筋に戻り決着が付けられる。
 書き下ろし「スパティフィラムの花」は、母親の葬儀の進行に従う。葬儀社の「沢田君」の手腕によって、「彼」に「…おふくろも安まると思うね」と言わせるほど、納得の葬儀だったとする。「彼」は50年かかって合理主義を身に付けたが、「世の中に学歴のない知恵者はいっぱいいた」と嘆く。
 了いの「能登路」は、妻と何度目かの能登再訪をし、過去の思い出が語られる。そして「彼」と親密でもなかった妻「梢」との、和解を予感させる場面で終わっている。


 角川書店「増補 現代俳句大系」第12巻(1982年・刊)より、13番目の句集、「定本 木下夕爾句集」を読み了える。
 先行する
飯田蛇笏「椿花集」は、今月12日の記事にアップした。
概要
 原著は、1966年、牧羊社・刊。井伏鱒二・序、4章・564句、安住敦・跋、著者略歴を収める。
 木下夕爾(きのした・ゆうじ、1914年~1965年)は、戦前に詩人としての地位を確立しながら、戦中に俳句を始め、1946年に久保田万太郎・主宰の俳誌「春燈」創刊に参加、終生離れなかった。
感想
 「定本 木下夕爾句集」は、没後に周囲の協力を得て、成った句集である。
 跋で、「師として選ばれた久保田万太郎は、この異質と思われる作家の俳句を認めるにやぶさかでなかった。」と記される。共に「俳句は余技である」の立場が、共通していたのだろうか。
 俳句としては、詩的叙情性の強過ぎると思われる句もあるが、戦後の生活俳句に新風を拓いたものだろう。
引用

 以下に5句を引く。
この丘のつくしをさなききつね雨
在るは樹と日と雲とのみ滴れり
繭に入る秋蚕未来をうたがはず
ふるさとや正月を啼く川原鶸
日曜につづく祭日しやぼんだま
0-01
写真ACの「童話キャラクター」より、「白雪姫」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ