風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

詩書

 2月15日(第3土曜日)の午後一時半より、県教育センターの1室で、県詩人懇話会・主催の「第41回会員の詩書を祝う会」が持たれた。
 詩の催しとして、昨年10月22日の記事、「ふくい県詩祭in三国」に次ぐ。ただしこの間に、僕が参加しなかった、詩書を祝う会があったようである。



 参加者は26名で、事務局の想定を大きく越えた。
 H・信和さんの司会のもと、詩人懇話会・代表のW・本爾さんの開会挨拶のあと、当日の朝に亡くなられた会員・神子萌夏さんへ黙祷が捧げられた。

 M・あずささんの詩集「その心の海は」に就いて、A・雨子さんがインタビューした。内容と微細に触れつつ、スムーズな進行だった。
 Y・清吉さんの詩集「自然生死」に就いては、K・久璋さんが前以って質問事項をY・清吉さんに提出し、それに答える形で、原稿が読まれた。
 82歳にしての第1詩集、S・章人さんの「在所」に就いて、S・周一さんがインタビューした。S・章人さんの詩以外の文化的業績にも関わるものだった。

 詩集刊行者にインタビュアーより花束が贈られ、予定よりやや押して、午後4時20分頃に散会した。僕はカメラマン役だった。内容は懇話会会報に載るだろう。
0-66
写真ACより、「ケーキ」のイラスト1枚。


CIMG0747
 3月17日(土曜日)の午後1時半~4時半の予定で、ビル「はぴりん」の1室にて、福井県詩人懇話会・主催の「第37回 会員の詩書を祝う会」が持たれた。
 「詩の催し」として、昨年11月20日の記事
「2017ふくい詩祭」以来である。
 参加者は、事務局に拠ると22名。
 K・不二夫さんの総合司会のもと、福井県詩人懇話会・代表のW・本爾さんが、1編の詩、1冊の詩集に込めた、作者の想いを聞きたい、と挨拶して詩書を祝う会に入った。
 今回に取り上げるのは、F・則行さんの詩文集「花の語るらく」、A・比佐江さんの詩集「一枚の葉」、M・幸雄さんの詩集「弐楽半のうた」の、3冊である。
 F・則行さんにN・昌弘さんがインタビュー、A・比佐江さんにI・信夫さんがインタビュー、M・幸雄さんにS・周一さんがインタビュー。
 それぞれ、詩集の抄出等のプリントを前以って配り、熱の入った対話となった。各書ごとに、参加者からの発言もあった。
 内容は、詩人懇話会・会報等に載るだろう。
 最後にインタビュアーから詩人への花束贈呈があり、3組まとめての記念写真を撮った。
 懇話会・副代表の、S・周一さんの閉会挨拶で、ほぼ4時半頃に祝う会を了えた。
 なお僕は会場で、A・比佐江さんより詩集「一枚の葉」を頂いたので、後日、ここで紹介したい。


↑このページのトップヘ