風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

詩歌集

うずく、まる
 kindle本の中家菜津子・詩歌集「うずく、まる」を、タブレットで読みおえる。
 今月13日の
記事(←リンクしてあり)、「頂いた本と買った本、5冊」で紹介した内、最後の5冊めを読みおえた事になる。
 元版は、2015年6月、書肆侃侃房・刊。
 短歌群と詩群を繋ぎ合わせた詩歌集である。
 短歌に節の題なく、詩に題なく、1冊をもって1作品とするようだ。
 題名の奇妙な切れ方に惑わされそうだが、「うずく」も「うずくまる」も、痛みの表われである。
 写実の作風ではないので、細かな事はわからないが、辛い恋をし、のちに結婚・出産を経たようだが、そのあとはわからない。
 ネットの詩歌梁山泊「詩客」の詩歌トライアスロンに応募し、「現代詩手帖」に掲載された事が出発だったと、「あとがき」で彼女は述べている。
 僕は電子書籍に違和感はなく、むしろ紙本より読みやすいくらいだが、表示の拡大・縮小の仕方を見つけるのに苦労した。
 以下に5首と2節を引く。
あれからの日々を思って鉢に撒く期限の切れたミネラルウォーター
火を飼ったことがあるかとささやかれ片手で胸のボタンをはずす
ストライプシャツの袖口折りかえし右手をつなぐ左手に歌
からだごと君にあずけたゆるやかに右へふくらむカーブにゆれて
気怠さの理由は君にはわからない洋梨ふたつの重さかかえる

かあさん かあさん おかあさん ふりつもるよびごえ
子宮に眠る地球では星が降りしきっているよ

微熱からとけだしてくる哀しみに
  トレモロの点滴をうつ午後
病室の煽り窓から雨だれが
  鳥の見ている夢へと落ちる

続きを読む

 最近に4冊の本を頂き、1冊のkindle本を買った。
 以下に列挙する。写真は、各冊を読んでの紹介時にアップしたい。
 この記事のカテゴリに困って、「買い物―本」に入れてあるので、ご容赦願いたい。
1・秋亜綺羅・季刊個人詩誌「ココア共和国」vol.20
2・有田幸代・個人詩誌「野ゆき」vol.7
3・同人詩誌「果実」75号、6名16編の詩、他
4・宮本君子・第2歌集「梅雨空の沙羅」
5・中家菜津子・詩歌集「うずく、まる」(kindle本)
 せっせと読まなくては。
apple3
フリー素材サイト「Pixabay」より、りんごの1枚。




↑このページのトップヘ