風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

詩集

 青土社「吉野弘全詩集 増補新版」(2015年2刷)より、第2詩集「幻・方法」を読みおえる。
 
第1詩集「消息」は、先の1月31日付け記事にアップした。
 原著は、1959年、飯塚書店・刊、全38編。「消息」からの再録16編と、意に染まぬ1編は、この全詩集版では外された。
 2編めの「何を作った」では、「資本家」「労働者」「商品」と、マルクス主義公式をファンタジック化したに過ぎない。ただし労働組合活動の過労で倒れ、胸部手術を受けた、とあるから机上の空論ではない。
 「幻・方法」「幻・恩恵」は、宗教・国家の原初のイメージのようだ。「幻・方法」では「これは明らかに/幻に対する挑戦の方法をも/教えるものだ」と書きながら、その方法は明らかではない。
 「星」では、「サラリーマンの一人は/職場で/心を/無用な心を/昼の星のようにかくして/一日を耐える」と、組織の中で個人が人間性を保つ型を示している。
 有名な「夕焼け」は、名作である。僕が半世紀前の高校文芸部員時代、ガリ版に刷って読書会の資料にした思い出がある(その文化祭の読書会は、見事な失敗に終わったけれど)。優しさは弱さではなく、怒りを持ち得る事を示した。
033
写真ACより、チョコレートの1枚。多くの男性の意を表して。



CIMG9274

 「茨木のり子全詩集」を、今月14日の記事で離れた。まとめの記事を書く手もあるが、詩人の生涯を、全詩作を、10行や20行でまとめるのもおこがましく、そのままである。
 詩集として、替わりに青土社「吉野弘全詩集 増補新版」(2015年2刷)を出して来た。函(写真はその表)、帯、本文1055ページに11詩集、他を収める。「夢焼け」以降の詩画集、写真詩集の作品は、収められていないようだ。
 この本の購入は、前ブログ「サスケの本棚」の管理画面からの検索に拠ると、2015年6月20日の記事で、楽天よりとある。
 第1詩集「消息」は、1957年、谺詩の会・刊。20編を収める。詩人31歳の時。
 「さよなら」の末連の「ききわけのよい/ちょっとした道具だった。/ちょっとした道具だったけれど/黒枠の人は/死ぬ前に/道具と さよなら したかしら」と、サラリーマンの苦しみと哀れをうたった。
 ほとんどがその志向の作品と、生の意義を問う作品だ。今となっては、正論過ぎる(当時は正論でなかったかも知れないが)。「不合理ゆえに吾信ず」(埴谷雄高のアフォリズム)を知る者に、信じがたい。
 自身、「雲と空と」で、「…どこまでも/はてのない青さで/やさしく つきそってゆく/空。//空の/いつわりのやさしさ。」と、偽りの優しさである事を、感づいていたようだ。


CIMG9212
 この11月20日の「2016ふくい詩祭」のおりに頂いた本より、金田久璋・詩集「賜物」を紹介する。
 2016年10月、土曜美術社出版販売・刊。第3詩集。
 まず装丁を褒めておこう。紙本出版の夕映えを見るように、帯とカバーが渋く立派である。
 初めの「サテュロス」での「おのずと」「とんと」、「前と後」での「いやサ」「もっとも」などの修飾語が煩わしく、作品の豊穣になっていない。簡潔文を主張するのではないが、省き得る語は、自戒を含めて、省きたい。
 「サテュロス」の結末で「そこはそこ/臨機応変ってこともある/北風と太陽を按配よく使い分け/そこそこ方便交え 世間と折り合いをつけて/人生ほどよくしたたかに/時には鼻息荒く/嘯(うそぶ)いて」の処世術が、あざとい。地位を登ろうとする者の、それだろう。ヒラのまま定年を迎えると判った僕のそれは、「慎重、忍耐、面従腹背」であった。職をリタイアすると、面従腹背はない。
 「背中を流す」は、風呂で夫が妻の背を流す、睦まじさを描いている。悪性腫瘍を疑われたが、生検の結果、手術を免れた安堵の夜に。
 「パントマイム」の「知っているのだ なによりも柵や網が監獄であることを」の1行は、「なによりも」の句に疑問が残るが、優秀である。僕にすれば、壁も、すべての人間関係も監獄である。ネットと文学に救済の機会を夢見ている。


 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)より、詩集「倚りかからず」を読みおえる。
 今月4日の
記事(←リンクしてあり)、「食卓に珈琲の匂い流れ」に継ぐ。
 原著は、1999年、筑摩書房・刊。
 「鄙(ひな)ぶりの唄」では「なぜ国歌など/ものものしくうたう必要がありましょう/おおかたは侵略の血でよごれ/腹黒の過去を隠しもちながら/口を拭って起立して/直立不動でうたわなければならないか/聞かなければならないか/(2字あき)私は立たない 坐っています」と、辛辣に国歌と国歌斉唱を戦中派の視点で批判し、歌のほしいときは民謡を、と薦めている。
 「店の名」では、「<はるばる屋>という店がある/インドやネパール チベットやタイの/雑貨や衣類を売っている/…//<なつかし屋>という店がある/友人のそのまた友人のやっている古書店/…//<去年屋>という店がある/去年はやって今年はややすたれた衣類を/安く売っているらしい/…」と、次作の「時代おくれ」と共に、ノスタルジックな作品である。
 標題作の「倚りかからず」では、東欧・ソ連の破綻等を受けてか(彼女は社会主義を信じてはいなかっただろうが)、できあいの思想、宗教、学問、いかなる権威にも、倚りかからない、と宣言する。
 「マザー・テレサの瞳(ひとみ)」の末連は、次のようである。「――言葉が多すぎます/といって一九九七年/その人は去った」。
apple8
フリー素材サイト「Pixabay」より、りんごの1枚。


 

 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)より、詩集「食卓に珈琲の匂い流れ」を読みおえる。
 先月9月27日の
記事(←リンクしてあり)、「詩集未収録作品」に継ぐ。
 原著は、1992年、花神社・刊。2部22編。
 「娘たち」の末2連では、「そしてまた あらたな旅だち/遠いいのちをひきついで さらに華やぐ娘たち//母や祖母の名残りの品を/身のどこかに ひとつだけ飾ったりして」と、女性のファッションへの愛着と継承に注目する。 
 「今昔」では青年僧・良寛を旅人の回想として、「沈黙が威圧ではなく/春風のようにひとを包む/そんな在りようの/身に添うたひともあったのだ」と描く。
 標題作「食卓に珈琲の匂い流れ」では、「さながら難民のようだった新婚時代/(1行・略)/みんな貧しくて/それなのに/シンポジウムだサークルだと沸き立っていた/やっと珈琲らしい珈琲がのめる時代/一滴一滴したたり落ちる液体の香り」と、中流の生活を得た安心を述べる。
 時代の経済的発展を認めながら、心が喪いそうな事に敏感である。
コスモス6
「フリー素材タウン」より、コスモスの1枚。


 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年2刷)より、詩集「寸志」を読みおえる。
 今月15日の記事(←リンクしてあり)で紹介した、「自分の感受性くらい」に継ぐ。
 原著は、1982年、花神社・刊。21編。
 「問い」では「ゆっくり考えてみなければ」のリフレイン、「落ちこぼれ」では「落ちこぼれにこそ/魅力も風合いも薫るのに」と、忙しい世間に批判の念を示す。
 「聴く力」では、「どう言いくるめようか/どう圧倒してやろうか//だが/どうして言葉たり得よう/他のものを じっと/受けとめる力がなければ」と結んでいる。
 昔、論争に嘘をついてでも勝とうとする上司がいたが、その末路は哀れだった。
 僕も議論しないではないが、言い勝とうとするより、双方に良い1アップした結論を探すためである。
柿4
フリー素材サイト「Pixabay」より、柿の1枚。

 花神社「茨木のり子全詩集」(2013年・2刷)より、詩集「自分の感受性くらい」を読みおえる。
 今月8日の記事(←リンクしてある)、「人名詩集」に継ぐ。
 原著は、1977年、花神社・刊。
 標題作「自分の感受性くらい」の末連で、「自分の感受性くらい/自分で守れ/ばかものよ」と叱る。
 しかしこの作品を初めて読んだ時、そうとばかりも言えないと思った。昇進の望みのない殺伐とした現場で働いていると、自分の感受性というか、感性というか、コンクリートで擦りつけられるように、荒れて行くのがわかった。
 医者の娘に生まれて、医者に嫁いだ女性には、わからない事だろうか。
 金子光晴への挽歌、「底なし柄杓」が優れている。
柿1
フリー素材サイト「Pixabay」より、柿の1枚。

↑このページのトップヘ