風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

Kindle本の第1歌集「雉子の来る庭」をKDPしました。右サイドバーのアソシエイト・バナーよりか、AmazonのKindleストアで「柴田哲夫 雉子の来る庭」で検索して、購入画面へ行けます。Kindle価格:250円か、Kindle Unlimitedで、お買い求めくださるよう、お願いします。

鑑賞

 今月13日(第2火曜日)に、妻と一緒に南越前町の花はす公園を鑑賞しましたので、スライドショーながらYouTube画像を転載します。BGMのボリュームが大きいので、ご注意ください。
 先の6月20日の記事、北潟湖畔花菖蒲園・YouTube版を転載します、に次ぎます。





 当日は雲の少し浮く撮影日和でしたが、コロナ禍下の平日のせいか、人出は多くありませんでした。
 このような花の鑑賞の機会を得られて、幸いだと思っています。



明光
 写真より、「明光」の1枚です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月18日午前10時より、短歌研究会C・3月歌会が、橘曙覧記念館の会議室で開かれた。短歌研究会Cは、或る短歌会の福井支部である。支部会員でない僕は、オブザーバー参加している。
 また短歌研究会Cの後、メンバー3人のみの短歌研究会A・3月歌会も、30分のみ急いで持たれたが、明日の記事にアップしたい。
 先立つ研究会C・2月例会は、2月12日の記事にアップした。



 今回は、事前1首出詠・8名、出席者6名だった。
 TTさんの1首には、解釈に迷う部分もあるが、結句の「数多」を平仮名の「あまた」に直したのみで収まった。
 YNさんはお孫さんの入籍の歌である。2句「夫の人柄」を自身で「彼の人柄」に推敲した。中句「告ぐる孫の」の字余りは、「言ふ孫の」に直された。
 ASさんの1首は、「負けずと」→「負けじと」、「雪をかき分け」→「雪をもたげて」、「フキノトウの芽が」→「ふきのたう芽吹く」に直された。
 TFさんの1首は、直すところなくパス。
 YYさんの中句・4句は、「油
(ゆ)に揚げて籠りし二人の」→「から揚げに籠る二人の」に直され、本人も納得のようだった。
 僕の1首は結句「椿の花を」を、具体的に「白い椿を」にして決着した。
 MKさんの下句「われに纏へる甘酢ゆき香の」は、「われに纏へり甘酢ゆき香が」で、1首が明確になった。
  TTさんの結句「腰痛忘れて」は自身で、「萌えそめし野を」に推敲した。
 永田和宏「近代秀歌」より、子規「くれなゐの二尺伸びたる……」の歌を鑑賞した。次回日程を決め、11時45分頃に散会した。
 このあと続けて、メンバー3人の短歌研究会A・3月歌会を12時15分頃まで持ったが、明日に報告したい。
1 (2)
写真ACより、「ガーデニング」のイラスト1枚。




このエントリーをはてなブックマークに追加

 短歌研究会のメンバー、Mさんより水墨画展の案内(ハガキ大)を渡され、11月8日の午後、市美術館(市立美術館ではない)へ出かけた。
 第26回『こころ・趣・水墨画展』である。11月8日(金)~10日(日)、3F講堂にて。主催:福井水墨画壇。

CIMG2556
 会場全体を撮りたかったが、魚眼レンズではないので、手前の巻き込んだ所の絵は撮れなかった。
 24名の45作品。会場外のロビーにも水墨画が飾ってあった。
 美術展観賞の記事は、このブログで初めてである。以前は県立美術館の展示会を何回か観賞した。

CIMG2551CIMG2554
 初めは小掛軸画の4作セットである。洒落ていて、床の間以外に掛けられそうだ。
 あとは、短歌研究会のメンバー、M清華さんの「秋趣」1作である。彩色してあって、温かみがある。小掛軸として、優れている。
 写真はつたないので、本物の水墨画をご覧ください。
 出品目録を頂いたが、プライバシー保護のため、スキャン・アップを止した。写真撮影は会の方より、許可を得た。



このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG

IMG_0001
 今月8日(水曜日)の夕方、妻と、共に人生初めての歌舞伎鑑賞をして来た。
 普通なら観にゆけないのだが、遠く住む一人息子の妻が、歌舞伎が好きで、2人分のチケットを送ってくれたのだ。
 福井フェニックス・プラザ大ホールで、夕方6時・開場(実際は観客が集まり過ぎて、5時45分・開場)、6時半・開演。
 場内は椅子席で一杯で、場内放送では、千余人の観客だった。僕たちの席は、前から2列目、左から4番、5番で、花道の間近くだった。
 催しは、「中村勘九郎 中村七之助 特別公演」。写真の上が、パンフレットの表、下が裏である。
 初めは「歌舞伎塾」。女形の化粧と着付けの実演を、ビデオ・カメラで撮って大画面に写す。同時進行で、大太鼓と笛の実演があり、歌舞伎での音の決まり事を教わる。観客の質問コーナー、飛び入り参加コーナーもあった。
 次は狂言を素材とした舞踏劇「棒しばり」。主人に腕と手首を縛られた太郎冠者(中村鶴松)と、両腕を水平に棒に縛られた次郎冠者(中村勘九郎)が、それでも盗み酒をし、酔って舞う(連れ舞いあり)という趣向である。
 両手を縛られながら、舞いは激しく、肉体鍛錬と厳しい稽古を思わせるものだった。見せ場では、大きな拍手が起こった。
 高校生時代の課外授業に、狂言の鑑賞(校内講堂で)があり、その時の学習(言葉遣いの「おじゃる」など)が、半世紀経て役に立った。
 小鼓の1青年が、観客には目も向けず(作法だろうが)、芸道一筋、という印象で好ましかった。

 3番目は、中村七之助の「藤娘」。衣装の変化には関心がなかったが、だらりの帯が藤の花のデザインで美しかった。身を後ろに反らせる(いわゆるイナバウアー)姿、見返りの姿も、あでやかだった。しまいに花道で華やかに踊って、圧倒された。
 9時頃に退場。妻の運転する車で、夜闇の中を無事に帰宅した。
 しまいに、場内販売の特別パンフレット(カラー写真・多数、千円)の、表紙をアップする。スキャン画像の画素数が大きすぎて(1枚5Mまで)、リサイズしてトリミングするのに苦労した。

無題コピー (2)



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ