風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

Kindle本の第1歌集「雉子の来る庭」をKDPしました。右サイドバーのアソシエイト・バナーよりか、AmazonのKindleストアで「柴田哲夫 雉子の来る庭」で検索して、購入画面へ行けます。Kindle価格:250円か、Kindle Unlimitedで、お買い求めくださるよう、お願いします。

集英社オレンジ文庫

 青木祐子「これは経費で落ちません!」8巻を読み了える。
 購入は先の5月25日の記事、「ポイントで3冊を買う」で報せた。

 リンクより、過去巻の感想へ遡れる。


 集英社オレンジ文庫、2021年4月25日・刊。

 4話とエピローグより成る。ただしトナカイ化粧品を吸収合併の際の駆け引きや、細かい経理上の不審案件には、興味が湧かない。
 主人公・森若沙名子と営業部員・太陽の恋話がどうなるか、興味がある。7巻の末で、太陽は大阪営業所に転勤となり、遠距離恋愛となってしまったから、先が心配だった。
 そこは現代、スマホのSkype?かビデオ通話アプリで、互いの顔を見ながら、退社後に話し合っている。
 第3話、過去の決断の正しさを証明します!が、最も盛り上がる。太陽の元カノ、六花と、沙名子が、和食店で対決する。沙名子は心理戦に勝利し、優しさとマウントを込めて、六花(彼氏あり)の愚痴を聞こうとする。
 2社との合併により、天天コーポレーションの規模が大きくなり、経理部1名増員となる。不正を見つける勘の鋭い沙名子だが、恋や交渉は苦手であり、可愛げがある。
 ネット通信の恋とか、マウントとか、現代を作者は取り入れている。
 作者の青木祐子は、1969年・生、ジュナイブル小説・出身である。経理職の経験があるか、どうかは、Wikipediaで分からない。
0-08
写真ACより、「建築」のアイコン1枚。





このエントリーをはてなブックマークに追加

 今月18日の歌会Aを、Mr.Donutsワッセ店で持ったあと、僕は同じモール内の書店、KaBoSワッセ店へ向かった。主な目的は栞の補充だったけど、本も買って楽しみたい。すでにAmazonで1度、栞を買ったが割高で、買い続ける気もない。
 店内を見て回って、適当な文庫本もなく、美しい写真集を買った。

美しい苔の庭ー京都の庭園デザイナーがめぐる
烏賀陽 百合
エクスナレッジ
2021-01-20

 B5判、158ページのカラー写真集である。苔むす寺社、固有の庭の写真を収め、庭園デザイナーの指揮だったのか、構図が良い。
 支払いは、1,760円(税込み)をdポイントで。ポイントは妻と共有で、期限の迫るものはなかったが、妻の了解を得てあった。
 僕は時々、dポイントで植物等の写真集を買うけれども、折りに眺めて豊かな気分になる。売ろうなどとは思わない。

 楽天ポイントが1,200ポイント余あったので、楽天で思潮社の現代詩文庫を探す内、「続・岩田宏詩集」を思いついた。同「岩田宏詩集」は昔に楽しく読んでおり、同「続」を探していた。
続・岩田宏詩集 (現代詩文庫)
岩田宏
思潮社
2015-06-30



 Amazon、メルカリでも探してみたが、楽天が支払い少なくて済む。価格:1,430円(税込み、送料無料)の所、楽天ポイント1,200ポイント、クレジット払い230円で済んだ。

 Amazonの本を見ていると、集英社オレンジ文庫で、青木祐子の「これは経費で落ちません」の最新・8巻を見つけた。

 僕はこのシリーズを読み続けている。同・7巻は、昨年7月4日に感想を記事アップした。以下のリンクより。旧巻の感想へ遡れる。

 8巻は、2021年4月25日・刊。長く続編を待っていた。
 なお購入は、メルカリの新刊部門で、627ポイント(税込み、)のメルカリポイント残高で支払った。

 こうして3冊の本を、ほとんどポイント残高で買うことが出来た。本代はケチっているけれども、Amazonで2千円余(送料込み)の古本歌集を注文中でもある。積読が溜まって来た。
5 (5)
写真ACより、「ビジネス」のイラスト1枚。




このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近に手許に届いた2冊を紹介する。
 まず所属する結社の歌誌「覇王樹」の2020年7月号である。


「覇王樹」7月号

 同・6月号の感想は、今月10日の記事にアップした。


 また僕の「緊急事態宣言」6首・他1首は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の6月28日・記事より、2回に分けてアップしたので、横書きながらご覧ください。


 結社のホームページ「短歌の会 覇王樹」も既に、7月号仕様である。


 もう1冊は、青木祐子「これは経費で落ちません!」第7巻である。
これは経費で落ちません 7
 集英社オレンジ文庫、2020年5月・刊。このシリーズの最新刊らしい。メルカリより買った。

 同・第6巻の感想は、昨年8月30日の記事にアップした。リンクより、先行巻へ遡れる。



 2冊とも、読み了えたなら、ここにアップしたい。








このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_20190821_0002
 青木祐子の小説「これは経費で落ちません!」第6巻を読み了える。この巻が、シリーズの最新刊らしい。集英社オレンジ文庫、2019年7月24日・刊。
 同・第5巻の感想は、今月26日の記事にアップした。

 第4巻の難題の1つ、役員秘書・マリナのキャバクラ嬢・アルバイトは、大問題に展開する。総務部長・新島が、他の部長を巻き込んで、天天コーポレーションのM&Aの策謀を、キャバレーで練っていた事が、経理部員の森若沙名子、麻吹美華にバレてしまう。沙名子がそれとなく噂の初めを点火して、策謀を失敗させる。
 沙名子と太陽の恋、暗い性格の鎌本と我が儘な樹奈の恋などを絡ませて、シビアな社会ながら、清々しい展開である。


このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_20190821_0001IMG_20190821_0002

 青木祐子のシリーズ小説、「これは経費で落ちません」第5、6巻が、Amazonより届いた。
 集英社オレンジ文庫で、古本は送料を足すと新品と価格がそう安くないので、新本を注文した。
 昨年8月19日の記事、同・第4巻を読む、以来である。
 第4巻は、難路に入ったようだが、どう導くのだろう。
 1話読みきりの連作なので、読書の持続力が下がっている僕にも読みやすい。ビジネス小説として、リタイアした僕には、懐かしい現場感(職種は違うけれども)である。


このエントリーをはてなブックマークに追加

No・2No・3
 メルカリで注文した、青木祐子の小説、「これは経費で落ちません!」第2巻・第3巻が、同じ売り手から1度に届いた。価格:850円(税込み、送料込み)。
 
同・第1巻の感想は、昨年1月24日の記事にアップした。

 メルカリでたまたま、同・第2巻を見つけ、発注した。その後、この第2巻・第3巻の販売を見つけ、先の注文をキャンセルして、この2冊を注文した。
 実は先のキャンセル手続きが進んでいない。
 第3巻を、メルカリにはないので、マーケットプレイスかどこかで捜せば良かったのだが、キャンセルは容易にできると思ったし、勢いもあった。売り手には迷惑をかけた。

 このシリーズは、集英社オレンジ文庫に収められる。クールな女子経理部員を描いて、人気となったようだ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ