風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

青幻舎

 青幻舎の文庫版「北斎漫画」(全3巻)より、第3巻「奇想天外」の第4章「神仏風姿」を見了える。
 同・第3章「百鬼図会」は、今月12日の記事にアップした。



 「神仏風姿」は196ページ~244ページの、49ページに渉る。
 釈迦の小さな図より始まり、空海の図などを交え、~尊者と称される僧の図が10程載る。
 狐に乗るダキニ天、字のごとく稲を担う稲荷大明神、日本神話の猿田彦太神、天臼女命(アメノウズメノミコト)等、ググってみると面白い。大苫辺尊、大戸之道尊も、同様である。ググるとWikipediaに出て来る。手置帆負命、天彦狭知命、共に神話で当時の庶民にも知られていたのだろう。
 三面大黒天、武士に信仰のあった摩利支尊天、刀八毘沙門天、魚濫観世音、正八幡大菩薩、など当時の信仰を集めたのだろう。
 連歌・俳諧の宗鑑、一休禅師の図もある。維摩居士、達磨(?)の面壁の図がある。風神雷神の図は俵屋宗達の風神雷神図に及ばない。和合神を仕舞いの図とする。
 最後に「而尾」の文字が掲げられ、終末、フィナーレの意味らしい。北斎漫画15冊の結着である。

 この本には、後に各冊の序文を収め、蜀山人、式亭三馬、柳亭種彦、など見たことのある名前もあるが、褒め上げる挨拶文を出ないので、ここでは取り上げない。これで青幻舎の文庫版「北斎漫画」の紹介の仕舞いとする。
0-89
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 青幻舎の文庫版「北斎漫画」(全3巻)より、第3巻「奇想天外」の第3章「百鬼図会」を見了える。
 先行する第2章「故事拾遺」は、今月6日の記事にアップした。



 第3章「百鬼図会」は、166ページ~194ページの29ページに渉る。
 冒頭は、題字がはっきりしないが、播州皿屋敷で知られるお菊さんの幽霊を、三ヶ月上人が鎮めている場面らしい。
 ろくろ首、三ツ目が見開き2ページに載る。
 公時遊貞は、ググってもはっきりしないが、坂田金時(幼名・金太郎)らしい。
 役の小角(えんのおづぬ)は、634年~701年(伝承)の呪術者である。伝承通り、前鬼・後鬼を侍らせる。
 地獄の図は、地獄図絵巻の方が怖い(本を観た事がある)。
 大江山の酒吞童子、源頼光に斬られる鬼童丸は、共に見開き2ページである。
 鐘馗、鬼遣らいの豆撒き、の図が続く。
 しまいの船鬼と題する図は、津波らしい。
0-85
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 青幻舎の文庫版「北斎漫画」(全3巻)の第3巻「奇想天外」より、第2章「故事拾遺」を見了える。
 先行する第1章「狂態百出」は、先の10月23日の記事にアップした。リンクより、過去記事へ遡り得る。



 「故事拾遺」は、94ページ~164ページの、71ページに渉る。
 小節はなく(再編集したものなので)、ベタで太公望より始まる。古代中国の人物、伯楽、顔子、曽子、子思、周公、朱子などは目にした事もあるようだが、張子、程子、周子、などになると判らない。あるいはネットでググると、判る人物もあるかも知れない。ただ変換で出て来ない、手書きしなければならない漢字の名前があり、また時間的制約があり、興味の範囲があり、すべて調べる事は困難である。当時の庶民には、知られていたのだろう。
 韓退之は詩人の韓愈(かんゆ)である。東方朔は、前漢の政治家である。読み取れない(字が小さいので)名前も多い。孔明、関羽などの略図もある。僕のイメージと違う図も多い。
 116ページより日本編に入り、宮廷人(公家、女房?)、平正門(将門)、仏御前、阿倍仲麻呂、俊寛僧都、小野道風、楠(木)正成、小野小町、其角、西行法師、山部赤人など、時代を構わずに並べる。文屋康秀、藤原忠文など、調べると面白いだろう人物もいる。
 最終164ページは、天下泰平と題され、正装の公家が海に祈る姿である。何か謂われがあるかも知れない。
0-86
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



北斎漫画 3 (2)
 青幻舎の文庫版「北斎漫画」(全3巻)の、第3巻「奇想天外」に入り、「序 北斎先生に学ぶ」を経て、第1章「狂態百出」を見了える。
 先行する第2巻第4章「天地造化」は、今月10日の記事にアップした。リンクより、過去記事へ遡り得る。

 
 初めの写真は、第3巻の表紙だが、第1、2巻と共に、好みが良くないようだ。

 「狂態百出」は、81ページに渉る。招福、奇譚、逸話、お伽話を画題とする。
 読み取れた画題では、「笑門に福来る」(正字、変体仮名を用いるので、読み取りにくい題がある)の福神、浦島太郎、祝言の能「翁」に現れる三玉の亀と翁・媼(見開き2ページ)などから始まる。
 龍、鳳凰の想像の図、僧・道鏡に逆らった和気清麻呂の図(知らない事は、ネットでググると、たいてい判る)、力持ちたちの図、義経・弁慶・富樫の勧進帳の図、樊噲などの古代中国の人物、戯れる僧たち、金太郎、桃太郎、源頼朝・頼家に仕えた仁田四郎の猪に跨った逸話、達磨・寒山拾得・鍾馗の図、孟宗たち古代中国の人物24図(1ページ6人)などが描かれる。芦屋道満・安倍晴明の「易術を競ふ」は、迫力がある。
 孫悟空、千人切り、怪力の女性2図、柿本貴僧正(ググると、弘法大師の10大弟子の1人らしい)2図、神農、清玄法師堕落、等が読み取れる。
 92ページに、「豊年」と題して、笠と蓑をまとった女性に小判が乱れ降る図で、めでたく仕舞っている。
 描き継がれた題に創意を加えて、漫画群を成している。


 青幻舎の文庫版「北斎漫画」(全3巻)より、第2巻「森羅万象」の第4章「天地造化」を見了える。
 同・第3章「波浪流水」は、今月4日の記事にアップした。

 
 「天地造化」は、27ページに渉り、自然に関わる現象を描いている。
 夕立の野原の道を歩む旅人(「下総〇〇の里 夕立」と題があるけれども、〇〇を読みとれない)から始まる。
 「出羽 秋田の蕗」や「雨」で降雨を描くが、雨は安藤広重が執着強かったようで、「江戸百景 大はしたあたけの夕立」の名品を残す。
 強風に惑う人々を描いて、目に見えない風をユーモラスに印象深く表す。
 「雪中」の雪の里山は、僕に親しい景だ。
 しまいに想像上の「須弥山」(しゅみせん。仏教で世界の中心に聳え立つという高山)の図で収める。
 見開き2ページで1景の、雄大な図が多い。

 このあと散文の第5章「北斎漫画を読む」が続くが、ここでは取り上げない。これで第2巻「森羅万象」のしまいである。
0-74
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 青幻舎の文庫版「北斎漫画」(全3巻)より、第2巻「森羅万象」の第3章「波浪流水」を見了える。
 同・第2章「山川草木」は、先の9月27日の記事にアップした。リンクより、過去記事へ遡り得る。

 「波浪流水」の章は、43ページに渉る。大作「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」のように、北斎は形をたちまち変える「水」の表現に関心があったようだ。

 「渦巻水」「浅瀬」の見開き2ページ・上下段分け描きより始まり、「寄浪」「引浪」、「石川」「深川」も同じ趣向である。
 「阿波の鳴門」、各地の名のある岬、大小の船を浮かべる海、古式泳法、諏訪湖氷渡、各地の滝、「信濃 小野の滝」は見開き2ページで本を立てにして見る図に小さな旅人を添えた。
 最後は「伐木渓を下す」の図で、多くの大木の川流しを描いて勇ましい。
 北斎が見たことのない景色を含め、水と浪への執着を表した章である。

0-82
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


 青幻舎の文庫版「北斎漫画」全3巻より、第2巻「森羅万象」の第2章「山川草木」を見了える。
 同・第1章「鳥獣蟲魚」は、今月17日の記事にアップした。
 各巻の表紙には、vol.1、vol.2の表記があるが、本文では第一巻、第二巻となっており、本記事では第1巻、第2巻の表記を用いる。第1章、第2章の表記は、本文通りである。

 第2章は133ページに渉る。章題は「山川草木」となっているが、絵は草木が先に載る。栽培の草木や野菜、木の繁りぶりを描く。当時の江戸としては珍しかっただろう、蘇鉄、サボテン(団扇サボテンだけれども)などを収める。
 山川では、各地の山(富士山と思われる絵もある)、名の付いた奇岩、山間の民家、寺院、大きな橋、などを描いている。
 色使いが、黒、灰色、ベージュ(肌の色を兼ねる)と、3色のみなのが惜しい。
 コマわりの技法を使った連作があり、現代のマンガの源とされる1因である。
0-69
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。


↑このページのトップヘ