風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケ(ハンドル名)が、この10月17日付けで、AmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)を発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 再任用・リタイア前後の、庶民の日々の悲喜哀歓を綴った4章48編と、巻末に哲学風小連作・2章7編を収めます。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 詩集 日々のソネット」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。
 また、ブログの右サイドバーの上部、アクセスカウンターの下に、Amazonアソシエイトのリンク画像「あなたへ詩集をAmazonで」を貼りましたので、画像をクリックしてくだされば、購入サイトへ飛びます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。よろしくご購入をお願い致します。

青磁社

 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、仕舞いの第11歌集「日和」を読み了える。
 
第10歌集「後の日々」は、今月2日の記事にアップした。
概要
 原著は、2009年、砂子屋書房・刊。2003年~2007年の597首と、あとがきを収める。
 歌の数がやや多いのは、還暦以降は旧かなの歌に移行し、新かなの歌をすべて収めたせいである。
 この歌集のあと、「作品集 Ⅰ」には、細かい年譜と、初句索引を収める。
 この作品集のあと、歌集「夏・二〇一〇」(2012年・刊)がある。
感想
 付箋を貼りながら読んでゆくのだが、20余枚となり、このブログの例の7首前後には多すぎる。研究の仕事の思い深い歌・痛快な歌、孫との歌、顔の見えない母の夢の歌など、削らざるを得なかった。
 乳癌手術後の妻・河野裕子に関わる歌だけを残した。相聞歌を取り上げたい訳ではないが、彼の場合、歌人家族という特殊な関係の1員である事が、強い特徴であり、歌人家族の歌は大きな流れだった。
 還暦以降、河野裕子・死去(2010年)後も、研究に、短歌に、出版に、忙しく動いている。

引用
 以下に8首を引用する。
あそこにも、ああ、あそこにもとゆびさして山の桜の残れるを言う
さびしくて先に寝ねしか対応のまずさを娘はわれに指摘す
不意に泣き、顔裏返すように泣く ひとりの前にたじたじとわれは
段戸襤褸菊(だんどぼろぎく)はじめてきみが教えたる雨山(あめやま)に続く坂の中ほど
はかなくて傾ぎてわれに寄り添える人には重すぎてこの花の鬱
待ち続け待ちくたびれて病みたりと悲しきことばはまっすぐに来る
不機嫌がすぐ表情にあらわれるそこが青いと妻は批判す
河野裕子がインターネットにのめりこむ不思議な世とはなりにけるかな
0-94
写真ACの「童話キャラクター」の、「浦島太郎」よりイラスト1枚。



 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、第10歌集「後の日々」を読み了える。
 
第9歌集「百万遍界隈」は、先の9月25日の記事にアップした。
概要
 原著は、2007年、角川書店・刊。357首と、あとがきを収める。
 2001年~2003年の作品である。
 短歌の発表、多くの講演等をしつつ、日本細胞生物学会会長(2002年~2005年)など、学問の組織の長、役員としても多忙だったようだ。
感想
 乳癌の手術を受け、実父を亡くして、心の不安定な妻・河野裕子(彼女の歌に「あの時の壊れたわたしを抱きしめてあなたは泣いた泣くより無くて」他がある)を見守る歌と共に、近づく老い(54歳~56歳)の感慨めいて、優れた後輩、孫を詠んだ歌がある。母恋の1首も、引用に収めた。
引用

 以下に7首を引く。
平然と振る舞うほかはあらざるをその平然をひとは悲しむ
君よりも不安はわれに大きければ椋鳥のように目をつむるのみ
あきらかに我を越えゆくいくたりを目に確かめて挨拶を終う
名前のみとなりたる母の名を書けりわが知らねどもいつまでも母(受診票)
おさなごを抱きてぬるき湯に沈む胸と胸とが蛙のようだ
振り分けに玉葱を竿に乾していく妻がとにかくうれしそうなり
石の犬が石の玉嚙む境内の入口まで来て帰ろうと言う
0-90
写真ACの「童話キャラクター」より、「一寸法師」のイラスト1枚。





 

 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、第9歌集「百万遍界隈」を読み了える。
 先行する
歌集「風位」は、今月18日の記事にアップした。
概要
 原著は、2005年、青磁社・刊。
 1999年~2001年の、395首と、あとがきを収める。「方位」が、1998年~2000年の作品を収めているので、かなり時期的に重なっている。
 「あとがき」で、「昼と夜、表と裏とそんなことを考えさせるほどに、どこか沈潜の仕方が違うように感じたことだった。」と述べている。
感想
 題名は、職場近くの地名だという。 
 今回は、読みながら20余枚の付箋を貼った。しかし、生物学研究者としての思い、乳癌手術を受けて心のバランスを失いやすくなった妻・河野裕子を見守る歌に、引用をほぼ絞った。
 永田和宏は自然詠、叙景歌にも、とても優れているのだけれども。また面影のない母を恋う歌も、底流のように流れている。

引用
 以下に7首を引く。
身丈より高き箒の竹箒もちて出てゆきまだ戻り来(こ)
今年われらが見つけし三つの遺伝子に乾杯をして納会とする
こんなにもぶっこわれてしまったわたくしに優しくあれと言えば従う
ハーメルンの笛吹きのごと朝光(あさかげ)に老人たちを集めゆくバス
なに切りて来し妻なるや鋸(のこぎり)と大(おお)釘抜きを下げて入り来(く)
疲れやすくなりたる妻を伴えば桜紅葉のしたのゆうやみ
春の水盛りあがり堰を越えるところこころ危うき人を率(い)て来し
0-89
写真ACの「童話キャラクター」より、「一寸法師」のイラスト1枚。




 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」より、第7歌集「荒神」を読み了える。
 先行する
歌集「饗庭」は、今月1日の記事で紹介した。
概要
 原著は、2001年、砂子屋書房・刊。
 1995年~1998年初めまでの作品を収める。
 題名は、職場のすぐ横にある、荒神橋より採った。
感想
 生物学研究の組織等の代表となり、多忙であった。
 短歌関係の講演、対談・鼎談・座談会を多くこなしている。
 娘・紅の京都大学入学、息子・淳の大学卒業・就職等、妻・河野裕子を寂しがらせながらも、安定期であった。
 歌集「華氏」が1997年・寺山修司短歌賞・受賞、1998年、歌集「饗庭」を刊行している。
 主宰する歌誌「塔」も、若手が頑張って編集していた。
 48歳~50歳越えの、働き盛りの時代の歌集である。

引用
 以下に7首を引用する。
くりかえしわれの不在を嘆き言う歌うように言う妻という人
この家にあなたは住んでいないという言葉短しくりかえし責む
名東区極楽二丁目いささかの恩義のありていくたびも書く
訪ねくる人とはなりてヘルメット提げたる息子がのっと入り来
遺伝子の複製を娘(こ)に教えいしがさびしき妻は早く眠りき
台所、屋根裏、二階と棲み分けて歌つくりおりまことに不気味
どくだみの匂う近道疲れやすくなりたるひとは疲れつつ来る
0-11
写真ACの「童話キャラクター」より、「シンデレラ姫」のイラスト1枚。








 青磁社「永田和宏作品集 Ⅰ」(2017年5月・刊)より、第6歌集「饗庭(あえば)」を読み了える。
 8月24日の
第5歌集「華氏」の記事に継ぐ。
概要
 原著は、1998年、砂子屋書房・刊。
 題名は、永田和宏の出生地に因み、夫人・河野裕子のアイデアだったと、二人のエッセイ集「たとへば君」に書かれていたと記憶する。(この本は、歌集を理解するにも傍らに置くべき本なので、文庫本を注文する予定である)。
 1991年~1995年の、480首を収める。40歳代後半の作品である。
感想
 息子・淳(歌人、現・出版社「青磁社」経営)、娘・紅(歌人、現・大学での研究者)が、思春期・青春期の危うさにあり、妻の歌人・河野裕子も若くはなくなってゆく危うさにあり、それらを見守って具体的に詠んだ歌がある。
 また講演・研究室での己を、余裕をもって見つめる歌がある。
 また母親の面影を知らない永田和宏は、ヴァチカンのピエタの図(あるいは像?)さえ、羨ましがり憎んでいる。
 主宰する「塔」の、「アララギ」の流れか、写生と呼ぶべき作品も多い。

引用
 以下に7首を引く。
今夜われは鬱のかわうそ 立ち代わり声をかけるな理由を問うな
がむしゃらにならねばついに到るなき喜びなどと説くさえ空し
父親をあだ名で呼べるいまどきの娘といえど楽しきものを
眠りいる聴衆の数を目で追いてそろそろ論をまとめにかかる
さしあたりひとつ挫折を先に送る脚長き子を危ぶみ目守る
(ち)さき耳に小(ちい)さき穴をあけきたる妻はかなしも厨に立てば
羨ましければかすか憎悪の兆せるをヴァチカンの闇に浮きたつピエタ
0-15
写真ACの「童話キャラクター」より、「シンデレラ姫」のイラスト1枚。





↑このページのトップヘ