風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

題材

IMG_20190416_0002a
 今月17日の記事、届いた2冊(6)で報せた内、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2019年5月号を、短歌作品中心に読み了える。リンクより、関連過去記事へ遡れる。
特集 塚本邦雄が切り開いた十首
 僕は俵万智以降に短歌を始めたせいか、塚本邦雄の短歌をあまり好きではない。手元にはアンソロジー「塚本邦雄歌集」(思潮社、「現代詩文庫 短歌俳句篇」2007年・刊、1,200余首)があるのみ。別のアンソロジーを読み了えて、処分したように記憶する。
 技法の開発は、後世に影響を残したけれど、戦中派ゆえかの憎悪感が嫌だ。
蘇る短歌 坂井修一 第十四回 市民
 「私自身は、結社は<虚>の空間として存在すれば良いと思っている。」と書き、結社員の心構えを長く述べ、僕は同感する。
引用

 大井学「マスク」12首より。
声をかけて欲しいときにはマスクする部下ありてまた誘う焼肉
 サラリーマン上司の人情機微である。
 御供平佶「江尻の風」12首より。
昨日より考へながら出でて来ぬ駅名があり人の名もまた
 その場で花の名や人名が出て来ないのは、よくある題材だが、「昨日より」「駅名」が新しい。自虐のユーモアだろうか。

 リンク記事に書いた内、5MBを越える写真を2MB台までリサイズする方法を覚えた。また本阿弥書店へ送金して、「歌壇」6月号~11月号を予約した。


 今日2回目の記事更新です。
 今年の8月13日より、本格的に運用を始めた、僕のホームページ
「新サスケ’s Ownd」の3回目の広告です。
 初めは毎日更新を目指しましたが、今月は24日の今日、9回しか更新していません。
 雑記日誌の題材は毎日、大小あってもあるのですが、時間と体力(椅子に座り続けて、お尻が痛くなる)のため、続きません。
 ここ1週間で、訪問者9人、56viewです。昨日は、訪問者1人、13viewでした。
 無名人の個人的な事に、読者の関心が無い事はわかります。
 でも仕事をリタイアした翁が、読書とブログ関係以外に、日常に何をしているか、小さな興味のあるところではないでしょうか。
 昨日は、9月23日のブログ記事
「レベル・アップ?」の裏話、「マイ「デジタル読書ノート」まで」をアップしました。時間の経過がある分、冷静に書けたかと思います。
 今後も更新を続けますので、お見守りください。
0-64
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。
ホームページ記事で、よくわからない事を記述して、心の焼ける思いをしたので。


 

↑このページのトップヘ