風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年9月6日で以って、Kindle本「少年詩集 鳶の歌」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「少年詩集 鳶の歌」と検索すれば、すぐに出て来ます。右サイドバーのバナーよりも至れます。僕のペンネームは柴田哲夫です。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

養老院

 沖積舎「梅崎春生全集」第4巻より、小説「砂時計」の3回め、しまいの紹介をする。
 同(2)は、先の7月14日の記事にアップした。




 今回は、149ページ~222ページの、74ページ分を読んだ。
 栗山佐助は、夕陽養老院の臨時書記という事で、八木七郎、栗山佐助、夕陽養老院の3者が、仮に結び付く。
 176ページからしまいまで、黒須院長を含む、養老院の経営者会議の場面となる。経営者会議では、在院者たちを老朽物質扱いし、月2名の回転率を院長にノルマに課す。
 経営者たちが散会して、折詰を提げながら出てゆくところを、数匹の野犬に襲われる場面で、長編小説(梅崎春生の最も長い小説でもある)は、ファルスとなる。
 工場騒音、老人施設等の当時新しい社会問題を取り上げた。内面の踏み込みが少なく、成功作とは言い難い。
野犬
写真ACより、「野犬」のイラスト1枚。


 沖積舎「梅崎春生全集」第4巻(1984年・刊)より、巻頭の長編小説「砂時計」(222ページ)の2回めの紹介をする。
 同(1)は、今年2月26日の記事にアップした。



 今回は、69ページ~148ページの、80ページを読んだ。
 失職者の乃木七郎(冒頭で自殺未遂をした者)と、怪しげな白川研究所所員の栗山佐介、夕陽(せきよう)養老院の騒動、3つが結び付かなかった。今回148ページで、日雇いされた乃木七郎を含む1団が、栗山佐助らのカレー粉対策協議会場を、投石で襲った所で、2者が結び付く。逃げ遅れた乃木七郎は、協議会員に捕まってしまう。
 夕陽養老院では、院長が入院者たちとの集団交渉で、押され気味である。
 このあと、どう展開して、どう収束するのか、判らない。作家のお手並み拝見である。
0-30
写真ACより、「アジアンフード&ドリンク」のイラスト1枚。


 

↑このページのトップヘ