風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

高浜虚子

 角川書店「増補 現代俳句大系」第14巻(1981年・刊)より、7番目の句集、川崎展宏「葛の葉」を読み了える。
 今月25日の記事、
広瀬直人・句集「帰路」に次ぐ。
概要
 原著は、1973年、杉発行所・刊。自序句1句、301句(1955年~1972年)、自跋、あとがきを収める。
 川崎展宏(かわさき・てんこう、1927年~2009年)は、加藤楸邨「寒雷」に参加。1970年、森澄雄「杉」創刊に参加。1980年、同人誌「貂」創刊、代表となる。
感想
 自跋で「俳句は遊びだと思っている」と述べて、人間探求派の「寒雷」と決別した。
 高浜虚子の花鳥諷詠を再評価し、拠り所とする。
 戦前育ちながら、嫌味がない。デリカシーに満ちていると評された。
 戦後昭和の生活を、微細に捉えている。
引用
 以下に5句を引く。
暑し暑し昼餉の瓜と醤油差し
松の花瀬戸物市を開かんと
西瓜食うて声変りをり中学生
海鼠食ひし男まぎれぬ街の燈に
ゴルファーらヘアピンのごと枯芝に
0-92
写真ACより、「フード&ドリンク」のイラスト1枚。



高浜虚子 六百句
読み了えるまで
 Amazonのkindleより、高浜虚子「六百句」(底本・1947年・刊)を先の7月20日にタブレットにダウンロードし、読み了える。kindle unlimited版ではなく、無料kindle版で、kindleを読めるアプリが入っていれば、どの端末でも読める。
 五百句、五百五十句もあったが、それらは読んでいて、六百句のみを読んでいないと思っていた。

確認すると
 しかし既読の2集の根拠を確かめようと蔵書を探すと、筑摩書房版・現代日本文学全集・66・高浜虚子集(1957年・刊)であるらしい。しかしその本の内容の題を読んで驚いた。五百句、五百五十句どころか、六百句、更に六百五十句まで入っている。「ホトトギス」の発行号数記念ごとの発行である。六百五十句まで読んだ記憶はないが、小説集を読み了えた記憶があり、俳句集も残した記憶はない。すでに1度、読んでいたのかも知れない。

 でも後悔の念はない。日本文学全集では3段組みだったのが、今回は1段組みで余裕があった。戦時中に、翼賛句を創らず、優れた俳業を成している(組織的、散文面は知らない)。


感想
 また僕の目に、それらの俳句が新鮮に映る。僕の目指す新しさが、それ位のものかと落胆するくらいである。短歌と違う面はあるかも知れない。危機の時代に沈潜して文学に執しようとすると、このような見方になるのだろうか。

引用と寸感
 ハイライトとメモの機能のある本だったので、マーカー線(紙本で言う)を引き、メモを残しており、以下に引用と寸感を書く。
在りし日の如くに集ひ余花の庵
 追悼の意と、現在の和み(遺徳であろう)が共に、吟じられている。
活潑にがたぴしといふ音すずし
 閑けさや、の句の現代版だろうか。
片づけて福寿草のみ置かれあり
 日本の余白の美感を、世相の家庭の中でも尊んだようである。
北嵯峨の祭の人出見に行かん
 花見客を少し蔑した、俳人の洒落であろう。
木々の霧柔かに延びちぢみかな(1945年11月)
 敗戦後の長閑さと、すでに戦後句の詩性という方向が現われている。



 

↑このページのトップヘ