風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

11月号

CIMG9147
 総合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2016年11月号を、作品中心に読みおえる。
 散文(評論等)では、読まなかったものもある。
 本誌が届いた報せは、10月18日の記事(←リンクしてあり)、「届いた4冊」にアップした。
 巻頭の小島ゆかり(敬称略)「赤子」20首では、初孫が生まれてからの大騒ぎと、それに続く感慨が親しい。
 石橋妙子「叙情ともなふ」7首では、最後の歌の「老いの暮し日日新たなり慎ましくひそかに明日のサプライズ待つ」が、老いながらネットに関わる身に、共感を呼んだ。
 天野匠の「ビール一缶」12首には、優れた諧謔がある。
 栗木京子の高野公彦へのインタビュー「ぼくの細道うたの道」第6回では、宮柊二・逝去の当時の様、他が語られる。
 読者歌壇の、田宮朋子の添削が優しく秀でている。
 「歌壇ニュース・クリップ」他のニュース記事が有用である。

 今月18日の記事(←リンクしてあり)「届いた4冊」で紹介した、結社歌誌「コスモス」2016年11月号より、「月集」を読みおえる。
 「コスモス」は大部だし(会員1900名!)、次の号が来るまでに、どこまで読み進められるか判らないので、少しずつ紹介しようと思う。
 「月集」の歌は、育った歌壇の時代か、余裕か、品格があるなあ、と感じ入る。
 「月集」でも、小島ゆかりさんの孫育て、K・絢さん、S・ちひろさんの子育てなど、乳幼児を詠んだ歌が目立つ。
 僕が付箋を貼ったのは、次の1首。「月集シリウス」のS・美衣さんの5首より。
飼ひ犬のやうに呼んだら出てこんか過ぎてなくした時のかずかず
 大胆に口語の比喩で詠まれている。
 喜びの時も悔いの時も、還らないと知りながら、惜しむのである。
apple6
フリー素材サイト「Pixabay」より、りんごの1枚。


↑このページのトップヘ