風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

Amazon

鯨井可菜子 タンジブル
 今月6日の記事「歌集2冊をダウンロード」で報せた2冊のうち、あとの鯨井可菜子・歌集「タンジブル」を、タブレットで読み了える。
 表紙写真は、パソコン版の白地に備え、露出を暗くしたのだが、補正が足りなかったようだ。
概要
 概要については、上記記事で述べたので、ご参照ください。
 タンジブルのスペルはtangibleだそうで、英和辞典で調べると、形容詞で「明白な。現実の」、名詞で「有形物。触知できるもの」等の意味である。
感想
 仕事では九州のデザイン会社に勤め、都内の職場に上京したが、過労気味で(徹夜、代休、徹夜、という歌がある)帰郷し、歌集出版を前に退職したようである。
 短歌、仕事、恋(→結婚)、生活の内、彼女は短歌と生活を選んだようだ。私生活の細かい事はわからない。
 勝手な異性、体力と感性を若い間に搾り取る職場、と現代の娘さんの深い悩みを描いて、普遍的である。
 題詠に優れている。また「小松菜」の章の短歌は、リアルな生活詠である。新かな口語の短歌に苦闘する一人でもある。
 東直子の跋文「しゃがみこまない」で、「実人生への意識と、言葉によるイメージの重ね方を試行して来た作者から、今後どんな豊かな世界が飛び出して来るのか、…」と期待されている。
引用

 以下に7首を引く。
試されることのおおくて冬の街 月よりうすいチョコレート嚙む
好きだった君がわたしの着メロにしていた「世界ふしぎ発見!」
終電に抱きしめられて胸のうち暗きブロッコリーの生えゆく
はつなつのランチタイムのタイ料理 空芯菜を清く嚙む友(題詠「ランチ」)
溜め息は月に濡れおりスプーンを曲げてばかりの人生である
死は遠き波間に光るごとくあり保険に入るはつなつの午後(「小松菜」の章より)
いいいいと蟬鳴き続け、もういいよほんといいけん辞めていいですか



江戸雪 昼の夢の終わり
 Amazonのkindle unlimitedより、2冊の歌集をダウンロードした。
 まず11月29日に、江戸雪・歌集「昼の夢の終わり」。
 江戸雪(以下、敬称略)(えど・ゆき)は、1966年、大阪府・生まれ。「塔」所属。
 歌集「百合オイル」、「椿夜」、「Door」、「駒鳥(ロビン)」、「声を聞きたい」がある。
 歌集「昼の夢の終わり」は、紙本版が2015年11月26日、書肆侃侃房・刊。現代歌人シリーズ8。
 kindle版は、2016年1月28日・刊。

鯨井可菜子 タンジブル
 2冊目は、鯨井可菜子・歌集「タンジブル」。今月4日にダウンロード。
 鯨井可菜子(くじらい・かなこ)は、1984年・生まれ。「かばん」「星座」に所属。
 歌集「タンジブル」は、紙本版が2013年5月29日、書肆侃侃房・初刷。新鋭短歌シリーズ。
 kindle版は、2016年1月28日・刊。
 先に届いた、笹井宏之・歌集2冊、佐田毅・歌集、このkindle unlimited版2冊、岡部文夫全歌集、と短歌だけでも読書が押して、渋滞中である。いずれ解消するだろう。




CIMG9475
経緯
 1体型のデスクトップ・パソコンを使っているが、過熱すると作動が変調になるようだ。
 それで梅雨頃から、床上型の扇風機を、パソコンの裏に置き、斜め上から風を送っていた。それで、過熱による変調は無いようだった。
 しかし秋が深まると、余り風が上半身や手先に冷たい。この状態が長く続くと辛い。
注文
 卓上型のミニ扇風機を買う事にして、Amazonで検索する。現物を見ていないので、性能がよく判らない。
 それでも形状などを考えて、次のミニ扇風機を注文した。「Adorise USB扇風機、4枚羽根、4インチ、ブラック」。価格:1,099円(税込み、送料無料)。
 4インチ(約10センチ)は、羽根の両端の長さだろう。静音設計。360度回転。USB給電なので、風力に心配が残る。
 本以外の買い物記事では、10月10日の記事「小さな買い物」4点以来である。
届いてから

 10月1日に注文し、3日に届いた。意外と小さい。
 パソコンのUSB端子と繋ぎ、スイッチを入れる。風量はそれなりにあるが、高さが足りない。
 使わない辞書を5冊も積み上げて、その上に置いた。
 パソコン裏面の排熱孔とその下あたりを狙って、風を送っている(上の写真)。
結果
 今の所、排熱孔は過熱せず、パソコンの変調もない。
 また暑い時期になったら、床上型の扇風機を置けば良い。今の所、このミニ扇風機に安心している。


 今月25日の記事で、新サスケがペンネームで、柴田哲夫「詩集 日々のソネット」kindle版を発行した事を報せた。
 また27日の記事で、パソコンでの購読法を案内した。29日には、詩集ご購読者の声を紹介した。
 詩集出版に至るまでの経緯と、費用を明らかにする。
申し込むまで
 2011年にソネット詩集「光る波」(紙本、遊撃舎・刊、第3詩集)を刊行したあと、ソネット詩編が溜まり、今春の詩の会合で先輩から「次の詩集は、どうですか」と言われるまでになった。
 しかし肝心の資金が足りない。電子書籍が廉価で出版できるらしいと知り、ネットで「電子書籍出版 代行」と検索すると、「電子書籍出版 パブフル」という事業者が安価で親切らしい。
 そこで今年5月頃からWord版の原稿作りを始めたが、2ヶ月くらいで様式の間違いに気づいた。初めより打ち直し、9月下旬に原稿が出来た。
申し込みから出版まで

 「パブフル」のホームページから問い合わせのメールを送り、9月28日に返信が届いた。3つあるプラン(後述)より、「パブフルサポートプラン」を選び、原稿を送った。そのあと10月8日の、出版原稿と表紙の案内を含め、10月18日の出版案内を過ぎても、10月30日に至るまで、45通のメールを遣り取りした。
 本の価格はkindle本で540円(税込み)、追加金無料のkindle unlimited版も設けた。
 詩集の出来には、わずかに不満な個所があるが、ほぼ満足である。
費用
 「パブフル」の出版には、3プランがある。
(1)電子書籍出版プラン(19,800円)。
(2)セルフパブリッシングプラン(24、800円)。
(3)パブフルサポートプラン(29,800円)。
 僕は「電子書籍出版に至るまでの全ての作業をパブフルが受け持ちます」という、(3)パブフルサポートプランを選んだ。他に表紙代5,000円、文章校正代10,000円を足して、計44,800円(税込み)を支払った。
宣伝について
 自力での宣伝として、PC用、スマホ用、それぞれにメッセージボードをブログタイトル近く下に設置した。またブログ「あんこと麦と」の、あかつきさんよりご教示と励ましを頂き、双方用にAmazonストアへのリンクバナーを設置した。
 毎月1日に、販売成績のレポートがあるという。少し不安である。

0-45
写真ACの「童話キャラクター」の「桃太郎」より、犬のイラスト1枚。


モーヴ色のあめふる
 Amazonよりのダウンロード購入を、今月13日の記事で報せた、佐藤弓生・歌集「モーヴ色のあめふる」kindle版を、タブレットで読み了える。
概要
 佐藤弓生(さとう・ゆみお、女性、1964年~)は、同人歌誌「かばん」会員。2001年・角川短歌賞・受賞。
 この歌集の他に、「世界が海でおおわれるまで」、「眼鏡屋は夕ぐれのため」、「薄い街」がある。また詩集、掌編集も刊行している。
 kindle版「モーヴ色のあめふる」は、2016年1月・刊。
感想
 この1歌集では正確な事は書けない。「あとがき」で、「心の真実にそむかず、ある境地に至ってしまったりせず、…ただよってゆきたいと思います」と述べている。
 現実の欠落、否定的部分を、嘆き悲しんだりせず、非日常的(幻想的とも評される)な歌に昇華しているようだ。達観したような所がある。
 月に関わる歌が多く、大きな連作もある。
 短歌に昇華しきれない部分が、詩集、掌編集となるのだろう。

引用
 以下に7首を引く。
恨みたい人などなくて雲の縁ほつるるままにわが淡き生
新聞受けに新聞なくて惑星の昼ひそやかに藍色のドア
ふるさとの蠅の多さを語りつつ青年が割る<かもめの玉子>
あなたの耳は入り江のかたちあかつきの星を波打ちぎわにとどめて
蛾となりて帰りくるひとあるような 月のつむじをみつめていたら
詩を思うときのなずきはいいにおい くちなしいろの月が上がった
月は死の栓だったのか抜かれたらもういくらでも歌がうまれる




IMG
 9月10日(日曜日)に、ショッピングモール「ワッセ」内の書店「KaBoS」へ行った。
 次のパソコンを買うとして、Windows10の解説書を、とでも思ったが、思わしい本はなかった。
 「Facebook超入門」という、入門書があったので、買う事にした。僕はFacebookを、ほとんどブログの拡散にしか使っていないし、友だちを現在の30数人より、増やすつもりはない。
 ただし本来の内輪的交友の望みを捨ててはいない。そのためにも、基本の確認は必要である。

IMG_0001
 Amazonに予約注文してあった、綜合歌誌「歌壇」(本阿弥書店)2017年10月号の、発送通知が9月14日にあり、15日に届いた。
 9月号の発行直後には、予約価格900円と示されて、ためらったのだが、9月2日に確認すると、定価800円となっていたので、予約した。
 表紙デザインも深まる秋らしい。読み了えたなら、ここで紹介したい。


 

CIMG9196
 今月4日(金曜日)に、Amazonより、新しいコンパクト・デジタルカメラが届いた。
 CASIOのEXILIUM EX-ZS210SR。
 写真の左上がケース、下が本体(ストラップ、メモリカード、バッテリー、装着)。
 右が上より、クイックスタートガイド、マイクロUSBケーブル、ACアダプタである。総額1万2千円弱。
 ケースとメモリカードは別売りなのだが、初めはメモリカードを注文しなかった。古いカード(16GB)が使えると思ったのだ。本体に装着すると、カード異常のサインが出て、使えない。
 あわててAmazonの翌日配達サービスでメモリカード(16GB)を買って、日曜日の忘年歌会に間に合った。
 今まで使っているコンデジが、2007年製と古く、700万画素しかない。
 1度、新しいコンデジを買ったのだが、コンクリ面上に落として、壊れてしまっていた。
 期待した台形補正機能はないので、本を撮る時には、その機能のある古いカメラを使わなければならない。
 それにこのライブドア・ブログには、5MB以上の写真は使えなく、新コンデジの最大の1610万画素では、オーバーしてしまうのだ。トリミングを計算に入れて撮影するか、画素数を下げなければならない。

↑このページのトップヘ