風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

Evernote

 今月23日の記事「レベル・アップ?」で、「kindle メモとハイライト」を見つけられた事、Evernoteに読書ノートを作れた事を、僕のレベル・アップだろうと書いた。
 そのついでに書いた、スクリーンショットの方法をポイント・アップ(1)、Chromeとnoteのダウンロードをポイント・アップ(2)だとすると、今月26日にポイント・アップ(3)と呼びたい事があった。

 kindle本「デジタル読書の技法」のその個所では、「kindle ハイライトとメモ」よりWord等のテキストに写し(僕は直接Evernoteに写したが)、それをクラウドストレージサービスに写すよう、勧めていた。WordよりEvernoteに写せるなら、EvernoteよりWordに写せるかも知れない。

 僕はこれまで、スマホのEvernote(パソコンと共有)に詠んだ短歌(横書き)を入れ、そのスマホの画面を見ながら、パソコンのWordにキーボード打ち込みで縦書きに入力していた。

 始めからEvernoteの横書きを、Wordの縦書きにするのは無理だろう。Wordの縦書きの短歌白紙稿を、いったん横書きにして待つ。スマホと共有しているパソコンのEvernoteの短歌稿と、Wordの白紙稿を画面に並べ、EvernoteよりWordにコピペして、成功した。これでキーボードを経ての入力を免れる。

 Wordの横書き歌稿を縦書きに直し、少々手直しをすればOKである。ただし初めは、「短歌白紙稿(横書き)」のファイル、「短歌横書き稿」のフォルダを、「マイ・ドキュメント」の「覇王樹 歌稿」フォルダに作らなければいけない。これからはマウス操作で、短歌の転写がほぼ出来そうである。
0-93
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



デジタル読書の技法a

 今年5月5日に記事アップしたkindle本、大山賢太郎「デジタル読書の技法」を、タブレットで読み直している。
 その記事の発見項目で未確認とした、5・AmazonKindleというSNSサイトヘつながる、という技法が重大な事に思えたからである。
 そこではハイライトやメモの公開、管理が出来るだけでなく、著者の薦める「デジタル読書ノート」の作成に繋がるらしい。しかし「AmazonKindle」でも、記載のURLでも、サイトへ繋がらない。「上のリンクからサイトへアクセスし、ログインする…」と書かれている事に気づき、リンクにタッチすると、英語サイトが現われ、「read.amazon.co.jp/notebook」をタッチして、Amazonアカウントでログインすると、僕の読書記ページ「kindle メモとハイライト」が現われた。

立原道造詩集 kindle メモとハイライト (2)
 上はその中の、「立原道造詩集」に付けたハイライトとメモの1部である。パソコンの画面を記録する、スクリーン・ショットについては後で述べる。
kindleamazonとnote (2)
 そのハイライトとメモを、クラウドのフォルダーに収め、読書ノートにするよう(加筆・削除が出来る)に奨めているようだ。noteのテキストに収めようとしたが、Chromeからダウンロードするよりない。多少の危険を感じながら、デスクトップ・パソコンにChromeをダウンロードし、noteをダウンロードし、2つの画面を並べてコピペした。上の写真がそのスクリーン・ショットである。
 しかしnoteでは、1回ずつ公開しないと保存出来ないので、手続き的にも、また文章のアイデアをまとめない内に公開するのも、僕は困る。

立原道造詩集 ハイライトとメモ Evernote スクリーンショット (2)

 それで短歌のメモに使っているEvernoteに、新しいノートブックを作成し、それにコピペする事が出来た。上がその2サイトのスクリーン・ショットである。

 「kindle メモとハイライト」の自分のサイトを見つけられた事、Evernoteに読書ノートを作れた事は、ネットに疎い僕の、レベル・アップではないかと思う。
 枠組みが出来ただけで、内容の充実はこれからである。
 スクリーン・ショットの方法(検索すると、たくさん出てくる)と、Chrome、noteのダウンロードは、ポイント・アップだとしても。
 ただしステージ・アップとは言わない。

 本書の「読書ナレッジベースを作る」以降は、今後の課題である。




IMG
導入
 あちこちで話題のアプリ、Evernoteを導入した。
 アンドロイドのスマホより、「Evernote」でGoogle検索し、正規版をダウンロードした。支払い方法を求められて、乗りきった。
 今は無料版なので、2デバイス(機器)に限られるらしく、デスクトップ・パソコンと共有した。
 メモの他、写真、音声、Webページを、記録できる。
使用
 まず、自分の短歌を書き込んで行った。これまでは、契約の切れたスマホの、メモ機能を使っていた。
 スマホのEvernoteのノートより、パソコンのワードに書き込む時に(パソコンより印刷は出来るが、縦書きにするため)、とても楽だ。スマホのメモは、1首1欄だったが、ノートでは連続して見られる。字も小さくない。
 スマホのメモは、一定時間過ぎると画面が暗くなって、1首を写すにも気を遣った(設定の問題だが)。ノートでは、内容を閲覧し、終了するまでその気遣いはない。

 古いスマホの必要は、なくなりそうだ。
 まだノートを作り、書き込み、終了し、不要なノートを削除するだけである。ノートブック、タグの機能も使っていない。
マニュアル本
 僕は、囲碁も園芸も、解説本より入った。IT関係も同様である。
 今回も、アマゾンのマーケットプレイスより、中古のマニュアル本を買った。本格的な新しい本もあるが、後の事とした。
 買った本は、リンクアップ・著「かんたんEVERNOTE」(技術評論社、2014年10月・刊)である。(写真は、その表紙)。
 初めより終いまで読む本ではないので、基礎の後は、何かあった時に、事項を探して読みたい。



↑このページのトップヘ