風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

Windows7

 今年3月4日に、パソコン・プリンタの新旧交代をした。

 


 業者がパソコンの立ち上げと設定、プリンタとの接続をしてくれた。しかし旧機からUSBメモリへバックアップしてあったのだが、インターネットのお気に入りと、メールのアドレス帳の、移行をしてくれなかった。
 お気に入りは自力で移行できた(順序が変わっていて、整え直すのに大変だった)が、メールのアドレス帳を移行できなくて、7ヶ月余を困惑していた。定常的にメールするのは1ヶ所だけで、宛名欄に入れられたので、差し当たり困らなかった。
 しかしアドレス帳を移行してないと、将来的に困るだろう。
 解説本の解説に頼るのは止めて、検索サイトで検索してみた。
 「NEC LAVIE公式サイト」の(僕のデスクトップパソコンは、新旧ともLAVIEである)、Q&A欄で、「Windows Liveメールのアドレス帳をOutlook2016に移行する方法」のQ&Aがあった。


 


 対象OSはWindows8、8.1で、移行先はOutlook2016である。しかしWindows7より、10のOutlook2019への移行もできるだろうと、試みた。記事を全文、プリントして手許で手本にした。
 新パソコンに旧パソコンのアドレス帳を「カンマ区切り(.csv)」で表示してあったので、エクスポートの手間は省けた。
 記事の通りに進んで、91件のアドレスを新アドレス帳に移行(インポート)した。アドレス帳はメールの宛先に使える筈である。これで7ヶ月余の困惑が解消した。新旧機ともNECのLavieであったから、リンク記事が該当した。

 なおアドレス帳の移行をする場合は、各自の責任で行ってください。このブログ記事、リンク記事に従い操作して、不都合が起こった場合、当方は責任を一切負いません。

0-79
写真ACより、「キッチン・グッズ」のイラスト1枚。



 僕の今使っているデスクトップパソコンのOSがWindows7で、来年1月にサポートが切れる。更に今年9月か10月頃より、消費税アップの法案が通りそうである。
 それでWindows10のデスクトップパソコンを探していると、NECのLAVIE Direct DA(S)というのが、カスタマイズありで出ていた。画面は27インチは要らなくて、23余インチで良い。
 2019年春モデルが、1月一杯はセールで10パーセント引きだというので、1月28日に画面より、スマホで担当者と電話で確認しながら、注文した。
 価格は税込み202,392円。翌日に銀行より口座へ振り込んだ。資金については妻と、1悶着あったが、古い定期預金を1つ解約する事にした。このあとにまだ、プリンター代、設定料、セキュリティソフト代を、見込まなければならない。

 パソコンの内容は、カスタマイズして次の通りである。
・デスクトップ・パソコン
・Windows10
・8GBメモリ。
・CORE i7
・約1TB HDD
・4層ブルーレイディスクドライブ(テレビ録画の予定がないので、必要なかった)
・11ac(433M)ワイヤレスラン(有線接続の予定)
・Office Personal 2019
・テレビ機能なし
・メーカー保証サービスパック 3年版

 ネットは僕の生き甲斐の1つ(創作、読書と共に)なので、これまでと同じく、7、8年以上使えれば、相当な物だろう。新しい機能の本も、予約を含めて4冊を買ったが、使いこなせるか心配である。
0-50
写真ACより、「乗り物」のイラスト1枚。



↑このページのトップヘ