風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

Word

 今月23日の記事「レベル・アップ?」で、「kindle メモとハイライト」を見つけられた事、Evernoteに読書ノートを作れた事を、僕のレベル・アップだろうと書いた。
 そのついでに書いた、スクリーンショットの方法をポイント・アップ(1)、Chromeとnoteのダウンロードをポイント・アップ(2)だとすると、今月26日にポイント・アップ(3)と呼びたい事があった。

 kindle本「デジタル読書の技法」のその個所では、「kindle ハイライトとメモ」よりWord等のテキストに写し(僕は直接Evernoteに写したが)、それをクラウドストレージサービスに写すよう、勧めていた。WordよりEvernoteに写せるなら、EvernoteよりWordに写せるかも知れない。

 僕はこれまで、スマホのEvernote(パソコンと共有)に詠んだ短歌(横書き)を入れ、そのスマホの画面を見ながら、パソコンのWordにキーボード打ち込みで縦書きに入力していた。

 始めからEvernoteの横書きを、Wordの縦書きにするのは無理だろう。Wordの縦書きの短歌白紙稿を、いったん横書きにして待つ。スマホと共有しているパソコンのEvernoteの短歌稿と、Wordの白紙稿を画面に並べ、EvernoteよりWordにコピペして、成功した。これでキーボードを経ての入力を免れる。

 Wordの横書き歌稿を縦書きに直し、少々手直しをすればOKである。ただし初めは、「短歌白紙稿(横書き)」のファイル、「短歌横書き稿」のフォルダを、「マイ・ドキュメント」の「覇王樹 歌稿」フォルダに作らなければいけない。これからはマウス操作で、短歌の転写がほぼ出来そうである。
0-93
写真ACより、「お花屋さん」のイラスト1枚。



 今日(8月3日、金曜日)午後4時頃、医院へ行って、月曜日の診察日に、薬を誤って少なくもらった分を、もらって来た。
 5時過ぎ、結社歌誌「覇王樹」に載った自分の歌を、Word文書に残して置く予定なので、以前の今年1月分までを開いた。
 手帳の予定にある事で、僕は計画実行症的なところがあり、時間的に少し無理でも済ませてしまう。
 将来的に歌集を出版できる事になった際、先輩歌人に選歌してもらう資料となるのだ。
 今年8月号分までの歌を、A4判で打ち込み、プリントアウトし、保存の所で引っ掛かった。何度も警告が出るのだが、上書き保存できるものだと思っているから、スルーしてしまった。
 さて文書を専用USBメモリに収める時、念のため開いて見ると、追加打ち込みをした分が残っていない。昨年6月号~今年1月号までの既存の分は残っているが、そのあと今年8月号分までの打ち込んだ歌が消えた。
 手引書などを参考に、消した文書の復元を図るが、どうしても上手くいかない。
 7時半近くになってしまったので、いったん夕食とした。
 夕食後、文書を打ち直す事にした。A4判2枚強だが、文章ではなく短歌で、7ヶ月分、42首と月タイトルだけである。
 プリントを横に大わらわで、手間抜きで打ち込んで、30分で済んだ。今度は、上書き保存でなくて、名前をつけて保存した。予備のため、USBメモリにもコピーしておいた。
 そこで今日のブログ記事だが、小説1編の感想を予定していたが、準備も時間も不足となった。そこで今日の、ミステイクの1件を記事として、読者にはご寛恕を乞う。
0-06
写真ACより、「アールデコ・パターン」の1枚。




↑このページのトップヘ