風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。

kindle版

光る波
 今日2回目の記事更新です。
 先の
12月5日の記事の通り、当日17時より開催しました、柴田哲夫(僕のペンネーム)のkindle本・詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」は、Amazonでの無料キャンペーンを、12月10日16時59分に終了しました。
 Amazonの販売ページより、確認致しました。
 第1回、第2回の時程ではありませんが、無料詩歌売れ筋ランキングで1時は4位となるなど、手応えを感じました。
 期間中にお買い上げ下さった方々、応援して下さった方々、お礼申し上げます。ありがとうございます。
 これからはkindle unlimited版(追加金・無料)か、kinndle版(税込み、540円)でのご購入となります。
 第4詩集、kindle版「日々のソネット」(kindle unlimited版あり)と共に、これからも宜しくお願い致します。


光る波
 今日2回目の記事更新です。
 12月5日より
開始し、12月10日16時59分頃まで、kindle版・詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」の無料キャンペーンセールを開催中です。仏の顔も3度と申しますが、今回の3回目で無料キャンペーンの最終回です。
 Amazonの無料・詩歌売れ筋ランキングで、昨日17時で第4位、21時で第6位でした。高浜虚子の句法書や、中原中也の詩集に混じって、健闘していたと思います。17日17時、40位です。
 買い方、内容について、これまでの記事に尽くされています。メニューバー下のメッセージボードと、右サイドバーのカテゴリ別アーカイブの下方、「自費出版」の項の「改訂版 ソネット詩集 光る波」より、是非お読みください。
 スマホ版では、メッセージボード下の表紙バナーより、PC版では右サイドバーの表紙写真より、お来しください。


光る波
 このブログの運営者・新サスケ(ペンネームは柴田哲夫)の第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」kindle版の無料キャンペーンが、12月3日の予告の通り、12月5日17時より始まっています。
 定価540円(税込み)のところ、kindle unlimited会員でなくとも、kindle本を読める状態であれば、無料でお読みいただけます。
 17時には本を読んでいて見過ごしましたが、18時15分には開始を確認致しました。
 Amazonのkindle本コーナーで「ソネット 光る波」で検索してくださるか、右サイドバーの(スマホ版ではメッセージボード下の)詩集表紙のバナーをクリックしてくだされば、即で購入ページへ着けます。
 定年前後の生活を描いたkindle版詩集「日々のソネット」に先立つ、厳しい職場と、夫婦二人暮らしの家庭を描いた作品がおもの、「光る波」です。43編のソネット(おもに4連、14行の詩)を収めています。
 苦しんで勤めている方、ささやかな家庭を保っている方、それらに関心をお持ちの方に、お薦めです。
 無料キャンペーンの終了は、12月10日(月曜日)午後16時59分頃となっています。是非お求めください。


 今日2回目の記事更新です。詩集の無料キャンペーンの予告です。
 このブログのメッセージボード(タイトルの下のメニューバーの下)の記事変更でもおわかりでしょうが、僕の第5詩集・kindle版「改訂版 ソネット詩集 光る波」の無料キャンペーンを、12月5日17時頃~10日16時59分頃にかけて5日間、Amazon上にて行います。
 3度目ですので、これを最後の無料キャンペーンとしますから、無料でkindle版の詩集を是非お求めください。「kindleストア」カテゴリで「ソネット 光る波」で検索してくださるか、ブログ右サイドバーの詩集表紙のバナーをクリックしてくだされば、販売ページにすぐ着きます。
 1回目、2回目のキャンペーンも好評でしたが、90日に1回しか行えませんので、この日を待ちました。
 内容は、苦しみながらの勤務、妻との二人暮らし、他を描きました。
 Amazonのカスタマー・レビューで1件ですが、高い評価(星5つ)を頂いております。
 無料キャンペーンが始まりましたら、ここで報告致します。
0-49
写真ACより、「クリスマス」のイラスト1枚。



 昨日の告知通り、kindle版詩集の無料キャンペーンが、今日(9月5日)16時より始まっています。
 対象は柴田哲夫「改訂版 ソネット詩集 光る波」です。43編のソネットを収めています。
 kindle版の初版は、2018年5月31日です。
 6月6日より5日間の、第1回無料キャンペーンに続きます。
 AmazonのKindleコーナーで「ソネット 光る波 柴田哲夫」(柴田哲夫は僕のペンネームです)で検索してくださるか、このブログの右サイドバーより「あなたへ詩集をAmazonで 2」表紙画像バナーをクリックしてくだされば、詩集購入ページへ至れます。
 僕も実際、旧本を削除してのち、買い直したところ、kindle本「改訂版 ソネット詩集 光る波」の無料購入の通知が来ました。
 第2回無料キャンペーンは、9月5日16時より9月10日15時59分までですので、この機会に詩集の購入をお願い致します。
光る波




高浜虚子 六百句
読み了えるまで
 Amazonのkindleより、高浜虚子「六百句」(底本・1947年・刊)を先の7月20日にタブレットにダウンロードし、読み了える。kindle unlimited版ではなく、無料kindle版で、kindleを読めるアプリが入っていれば、どの端末でも読める。
 五百句、五百五十句もあったが、それらは読んでいて、六百句のみを読んでいないと思っていた。

確認すると
 しかし既読の2集の根拠を確かめようと蔵書を探すと、筑摩書房版・現代日本文学全集・66・高浜虚子集(1957年・刊)であるらしい。しかしその本の内容の題を読んで驚いた。五百句、五百五十句どころか、六百句、更に六百五十句まで入っている。「ホトトギス」の発行号数記念ごとの発行である。六百五十句まで読んだ記憶はないが、小説集を読み了えた記憶があり、俳句集も残した記憶はない。すでに1度、読んでいたのかも知れない。

 でも後悔の念はない。日本文学全集では3段組みだったのが、今回は1段組みで余裕があった。戦時中に、翼賛句を創らず、優れた俳業を成している(組織的、散文面は知らない)。


感想
 また僕の目に、それらの俳句が新鮮に映る。僕の目指す新しさが、それ位のものかと落胆するくらいである。短歌と違う面はあるかも知れない。危機の時代に沈潜して文学に執しようとすると、このような見方になるのだろうか。

引用と寸感
 ハイライトとメモの機能のある本だったので、マーカー線(紙本で言う)を引き、メモを残しており、以下に引用と寸感を書く。
在りし日の如くに集ひ余花の庵
 追悼の意と、現在の和み(遺徳であろう)が共に、吟じられている。
活潑にがたぴしといふ音すずし
 閑けさや、の句の現代版だろうか。
片づけて福寿草のみ置かれあり
 日本の余白の美感を、世相の家庭の中でも尊んだようである。
北嵯峨の祭の人出見に行かん
 花見客を少し蔑した、俳人の洒落であろう。
木々の霧柔かに延びちぢみかな(1945年11月)
 敗戦後の長閑さと、すでに戦後句の詩性という方向が現われている。



 

 Amazonの記録に拠ると、今月9日に、Kindleストアの無料詩歌より、高見順・詩集「死の淵より」を、タブレットにダウンロードしている。
 今月14日の記事で紹介した、
蔵原伸二郎・詩抄「岩魚」と同じ時期である。
 蔵原伸二郎と違って、僕は高見順・詩集「死の淵より」(拾遺詩抄を含む)を知っていた。高校生時代か青年期に、文庫本で読み、のちに別の文庫本を代行業者に頼み(「立原道造詩集」、堀口大学・訳のボードレール「悪の華」などの文庫本と共に)、電子書籍化し、CDに収めて楽しみ読んでいた。しかしある時にクラッシュしてしまった。
 その後、「立原道造詩集」、「死の淵より」、共に文庫本で買い直したが、kindle版「立原道造詩集」を買い、「高見順文学全集」全6巻(それら詩編を含む)を古本で買い、文庫本は処分した。
 しかし没後50年の年が明け、著作権が消滅したのだろう、高見順詩集がKindleストアで無料で出ると、タブレットでリラックスして読みたいと、ダウンロードした。この本は先の「岩魚」と違って、のちまで残したい。

 僕のソネット群は、彼の詩に習う所があったかと、ひそかに思っていた。しかし久しぶりに「死の淵より」と拾遺詩編をよむと、そのような事は無かった。食道癌で死を間近に感じている、暗い詩が多い。
 「青春の健在」、「黒板」などの少ない、明るげな詩が印象に残っていただけである。
 様々に印象の変わる、高見順の詩編だけれども、今後も読みつづけたい。

 高見順(たかみ・じゅん、1907年~1965年)は、福井県出身の作家であり、三国町の生家と墓地に、荒川洋治さんに連れて行って貰った事がある。その前に三国町に、高見順の詩碑が出来た時、第1回荒磯忌(ありそき)だったとも思うが、詩碑除幕式(川端康成、今日出海、参列)に参加したのだった。
0-42
写真ACより、「ファンタジー」のイラスト1枚。




↑このページのトップヘ