風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 お報らせです。2020年2月20日で以って、Kindle本・短編小説「底流」を自力発行致しました。原稿は自分で作成し、表紙はデザイナーさんにお願いしました。上梓は自力で行いました。
 Amazonの「Kindleストア」カテゴリで、「柴田哲夫 底流」と検索すれば、すぐに出て来ます。柴田哲夫は、Kindle版・詩集「詩集 日々のソネット」、「改訂版ソネット詩集 光る波」と同じく、僕のペンネームです。価格は500円ですが、Kindle Unlimited版を追加金無料で購入できます。多くの方のご購読を願っております。

kindle

やさしいピアノ
 Amazonのkindle unlimited版の新鋭短歌シリーズより、嶋田さくらこ・歌集「やさしいぴあの」をタブレットで読み了える。ダウンロードは記録に拠ると、今月17日だった。
 同・版の同・シリーズとして、今月21日の記事、
笹井宏之「八月のフルート奏者」に継ぐ。
概要
 嶋田さくらこ(ペンネーム)は、1975年、滋賀県生まれ。
 ツイート上のある歌に惹かれて歌を詠もうと思い、フリーペーパー「うたらぼ」に掲載されるべく、企画・制作者の田中ましろのサイトに投稿をし続けていた、とあとがきにある。
 歌集の紙本版は、2013年11月30日、書肆侃侃房・刊。kindle版は、2016年5月19日・刊。
感想
 恋人にマゾヒスティックなまでに従順で、結局はフラレる。もちろん事実ではなく、デフォルメやフィクションも多いだろうが、現代では少ないだろう女性像が浮かびあがる。恋の1型である。
 現代の青年は、自立した、あるいは自立しようとする、女性を求めるのだろう。
 その彼女が、歌人集団「うたつかい」では9名の編集部員と共に、120名もの仲間をまとめている。時代に合った才能は、現われるものだ。
引用

 以下に7首を引く。
仲直りしてあげるから買ってきて雪のにおいのアイスクリーム
日曜のまひるあなたを思うとき洗濯ものもたためなくなる
ぎゅっと、でも、そっと握って。手のひらを繋いだだけじゃ伝えられない
親戚が寄ってたかって褒めそやす、ゆかちゃん、ってそうか、わたしのことか
星あかり月あかりのもと玄関とポストと犬の位置を覚える(新聞配達)
半分こしたのバレてるぼくたちの紅いくちびる(りんご飴味)
もう少しそばにいたくて世界からいちばん遠い嘘を信じた




杉谷麻衣「青を泳ぐ」
 Amazonのkindle unlimitedのお試し(30日?)に、10月24日or25日に加わったので、10月29日に杉谷麻衣・歌集「青を泳ぐ」をタブレットにダウンロードし、先日に読み了えた。書肆侃侃房・発のkindle本・歌集では、駒田晶子「光のひび」を読み了えて以来である。
概要
 杉谷麻衣(すぎたに・まい、1980年~)は、京都府・出身、大阪府・在住。
 「青を泳ぐ」は、書肆侃侃房の新鋭短歌シリーズ30。紙本は2016年9月17日・刊。kindle版は2016年10月16日・刊。
 今、各版の価格を調べると、次のようである。紙版:1,836円。kindle版:800円。kindle unlimited版:無料(月会費980円で読み放題)。
 第1歌集、236首。長文の解説「塩の斑紋」を光森裕樹が書いている。
感想
 あとがきで「現実に目の前にある世界に想像を重ねて、自分にしか見えない新しい世界をつくりだすこと。」と述べて、リアルな世界ではない事を、明らかにしている。
 その世界では、元・体操選手だが今は車椅子に乗る青年との恋を中心に、歌集が進んで行く。また美術の実践があるようで、絵を描く事に拘っている。現代性と土俗性が交差する歌が、稀にある。
 危うげな若い女性像、という新人の流れを批判する人もいるようだが、短歌賞などでその流れを作った先輩たちに責任がある。

引用
 以下に7首を引く。
空の絵を描けといわれて窓という窓を砕いて額縁にする
保健室の南のまどからだけ見える三時間目の海が好きです
みずうみを塗っていた筆あらうときしずかに透けてゆくきみの声
「はじめてのひとり暮し」というキャッチコピーが似合うきみどりのラグ
差し出せるものなにひとつ持たぬ夜の眼下の街にひかるしずけさ
「ごめんね」とあなたはたしかな発音でぼくの世界を歪めていった
ひと息にともる電光掲示板(まばたき)いいえあれは送り火





モーヴ色のあめふる
 Amazonよりのダウンロード購入を、今月13日の記事で報せた、佐藤弓生・歌集「モーヴ色のあめふる」kindle版を、タブレットで読み了える。
概要
 佐藤弓生(さとう・ゆみお、女性、1964年~)は、同人歌誌「かばん」会員。2001年・角川短歌賞・受賞。
 この歌集の他に、「世界が海でおおわれるまで」、「眼鏡屋は夕ぐれのため」、「薄い街」がある。また詩集、掌編集も刊行している。
 kindle版「モーヴ色のあめふる」は、2016年1月・刊。
感想
 この1歌集では正確な事は書けない。「あとがき」で、「心の真実にそむかず、ある境地に至ってしまったりせず、…ただよってゆきたいと思います」と述べている。
 現実の欠落、否定的部分を、嘆き悲しんだりせず、非日常的(幻想的とも評される)な歌に昇華しているようだ。達観したような所がある。
 月に関わる歌が多く、大きな連作もある。
 短歌に昇華しきれない部分が、詩集、掌編集となるのだろう。

引用
 以下に7首を引く。
恨みたい人などなくて雲の縁ほつるるままにわが淡き生
新聞受けに新聞なくて惑星の昼ひそやかに藍色のドア
ふるさとの蠅の多さを語りつつ青年が割る<かもめの玉子>
あなたの耳は入り江のかたちあかつきの星を波打ちぎわにとどめて
蛾となりて帰りくるひとあるような 月のつむじをみつめていたら
詩を思うときのなずきはいいにおい くちなしいろの月が上がった
月は死の栓だったのか抜かれたらもういくらでも歌がうまれる




 kindle版「橘曙覧全歌集」を読み進んで、補遺「福寿艸」(←リンク記事あり)まで読みおえた。
 それに続く、万葉仮名の歌集と長歌集は、僕の力では読み解けないので、スルーした。
 これで全歌集編は過ぎたのだが、「附録」として、正岡子規「曙覧の歌」と、折口信夫「橘曙覧評伝」が付されているので、今回は子規「曙覧の歌」の論を読んだ。
 日本新聞社の「日本」に、1989年3月22日~4月23日まで、9回に分けて載せられた文章である。
 子規は、橘曙覧の貧しいながら、えせ文人のように金銭を汚いかに扱わず、書・歌の代を入手して喜ぶ等、生活をそのまま詠んだ事、国学に熱心であった事などを、弱点も挙げながら、とても誉めている。
 「万葉集」・実朝に及ばないながら、それ以後ただ一人の歌人だとまで賞揚した。
 この論によって、橘曙覧の歌が広まったようだ。
コスモス5
 「フリー素材タウン」より、コスモスの1枚。

↑このページのトップヘ