風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

kindleunlimited

 Amazonの kindle unlimitedより、元旦にパソコンとタブレットへ、3冊をダウンロードした。
 12月6日の記事
「歌集2冊をダウンロード」に次ぐ。
 今回の3冊を、以下に紹介する。

Indle Unlimitedの始め方、使い方
 まずIT研究会・編「Kindle Unlimitedの始め方、使い方」。
 ダウンロードした本の削除方法(同時に10冊までしか保存できないので)が解りにくく、結局発見したのだが、方法を確認できた。またKndle Unlimitedの退会方法も書かれている。
 kindle版・540円、ペーパーバック版・702円。

海、悲歌、夏の雫など 千葉聡
 次いで千葉聡・歌集「海、悲歌、夏の雫など」。
 彼の短歌の噂は、ツイッターなどで目にするけれども、入り口として良いかと思った。
 Kindle版・1,000円。紙本版・2,052円。

耳ふたひら 松村由利子
 次いで松村由利子・歌集「耳ふたひら」。実力のある歌人だと思っているが、まだ歌集を読んでいなかった。これも入り口として。
 Kindle版・1,000円。紙本版・2,160円。
 両歌集とも、書肆侃侃房の現代歌人シリーズの本である。


CIMG9483
 4年ほど前から、タブレットを使い始めて、今は2代目である。
 パソコンはデスクトップ型で、机の上に置いてあるので、移動して・リラックスしてのネットの使用に、タブレットは便利である。
 上の写真は、トップ画面の2枚目である。左右端が光っているのは、照明の反映。ブログに関わることなどをChromeで、Google Play Booksで無料の本をダウンロードして、それぞれ使っている。
 Twitterの画面は使わずに、スマホより読む事が多い。Facebookの画面も使わず、パソコンより読んでいる。

CIMG9479
 Amazonのprime会員なので、2015年4月より使い始めて、Prime Photoに377枚の写真を収めている。
 花の写真と、詩の催しの写真である。
 上の写真は、アルバムから「ムクゲ7種」である。各写真をタップすれば、最大化する。

CIMG9481
 kindle会員から、kindle unlimited会員になったので、有料の本、追加金無料の本を、10数冊、収めている。
 有料でも著作権切れの本は安く、unlimitedの本は無料で同時10冊まで保存できる。
 慣れると読みやすく、ITならではの機能もあり、普及の進むことを願う。
 prime photo、kindle cloud 、共にパソコンと同期している。
 堪能な方は、タブレット画面を抜き出して、ブログに貼れるのでしょうが、残念ながら僕にはそれができません。



↑このページのトップヘ