風の庫

読んだ本、買った本、トピックスを紹介します。純文学系読書・中心です。

 このブログを運営している新サスケは、2017年10月17日付けでのAmazonのKindle本、第4詩集「詩集 日々のソネット」(縦書き)の発行に続き、第5詩集「改訂版 ソネット詩集 光る波」(縦書き)を、2018年5月31日、Kindleストアにて発行しました。著者名は、柴田哲夫(僕のペンネームの1つ)です。
 2011年10月1日・刊の紙本「ソネット詩集 光る波」に、数十ヶ所の加筆をし、編集しました。
 販売ページは、Amazonの「Kindleストア」カテゴリーで、「柴田哲夫 ソネット 光る波」と入力して検索してくだされば、即で見つけられます。右サイドバーのバナーよりも着けます。
 kindle版で540円(税込み)、kindle unlimited版も発行しています。
 次回の無料キャンペーンを、9月初め頃に予定しています。

unlimited版

我孫子十字 童子の像
 記事にはしなかったが、(記録に拠ると)今月2日に我孫子十字・歌集「童子の像」kindle unlimited版をAmazonよりダウンロードし、先日にタブレットで読み了えた。
概要
 2012年に「紅書房」より刊行された歌集を基に、2017年11月15日、(株)22世紀アートを通して、電子書籍化された。
 作者は既に、歌集「大寺の裏」、句集「木の葉雨」を刊行している。
 電子版「童子の像」は、横長1ページに9首(9行)を収め、字は大き目で、読みやすい。
 ハイライト機能があるので、気に入る歌にはハイライトし、メモと共に残した。
 書肆侃侃房以外でも、歌集の電子出版は、業者を通してでも、始まっている。
引用と感想
十月の暦をめくり残りたる月日を思ひ来し方を思ふ
 十月は、暑い夏と寒い冬の間で、人生の感慨の湧く時季であろうか。
始まりは闇市といふ駅裏の市場近々毀たるるといふ
 戦後の名残りの終わりが、市街の建物にも及んでいる。
曾遊の箱根の山を偲びつつ二日三日は駅伝を追ふ
 過去と現在が、感覚では繋がっている。
傾ける塀の隙よりカーテンを引きて静まる廃屋の見ゆ
 少子化と都市集中により、過疎地でなくとも、廃屋は増えるだろう。

絶句してひた目守るのみ次々とテレビに映る大津波の様
 東日本大震災を、書き残す事は大事である。
大逆の罪に問はれて刑死せる幸徳秋水羊羹と化す
 時代は移り、土産品となったのだろう。
不知火の海を隔てて天草をあなたに見つつ出湯に寛ぐ
 老いの安穏のひと時だろう。
 総じて、古い酒を新しい革袋に入れた感は残るが、自費の電子歌集出版の先駆けとして、勇猛である。



硝子のボレット
 今月14日の記事、「歌集2冊をダウンロード(3)」で入手を報せた2歌集の内、田丸まひる「硝子のボレット」を読み了える。
 kindle unlimited版を、タブレットで読みながら、気になる歌をノートにメモしてゆくのだが(ハイライト機能がないので)、読み了えて引用分の丁度7首だったのは、愉快でまた危機感もあった事だった。
概要
 歌集の諸版の発行年次、価格などは、リンクで先の記事を読んでください。
 田丸まひる(たまる・まひる)は、1983年・生まれ。2011年、「未来短歌会」入会。2014年より、「七曜」同人。短歌ユニット「ぺんぎんぱんつ」としても活動中。
感想
 まず第一に、エロチックな歌が多い。あとがき「短い歌」の中で、「事実ではなくても真実を」と書くように、事実を述べたのではない。こうまで放埓な生を送ってはいないだろう。歌に出て来る「官能小説(女性向け?)」の読み過ぎかも知れない。
 職業は精神科医であるという。歌に頼り、性の歌をも詠まないと、仕事と生が持たないのだろう。
 しかし方向転換しないと、彼女の未来は明るくない。
 「ボレット」は「弾丸」の意であるという。
引用

 以下に7首を引く。
縫いつけてもらいたくって脱ぎ捨てる あなたではない あなたでもない
あたたかい言葉まみれの決別の手紙ちいさくちいさくたたむ
一生眠れる薬ほしがる女子生徒に言い返せない 夕立ですか
甘いもの好きな子どもが死にたがる世界に機関銃を野ばらを
窓開けてしよう向こうの国道のトラックにまで見せたい裸体
スプーンを使いこなしてわたしまですくい取るなら結婚してよ
ニーソックス片足立ちで脱ぎながらいつかわたしはぼろぼろになる




あまねそう「2月31日の空」
 今月1日の記事「入手した2冊」の、後のほうでダウンロードを報せた、あまねそう・歌集「2月31日の空」kindle unlimited版を、タブレットで読み了える。
概要
 2013年3月17日・刊。kindle版:250円。kindle unlimited版:追加金無料。
 初め題名に因み、3月3日までのunlimited版・発行のように書いてあったが、現在もunlimited版がAmazon上で販売されている。
 著者は、1976年・生まれ、中学校教諭を経て、研究所勤務(臨床発達心理士)。
 歌人集団「かばん」会員。
感想
 2013年にkindle版のみの歌集を自力で出版するには、多大な勇気と技術が必要だったと、僕は思う。
 201首、あとがき、著者略歴を収める。
 著者と内に併走するように感じて来た少年が、第1子の誕生後に消え、新たな作品を生めるように感じ、区切りとして「第一歌集を青春歌集として出版する事にした。」
引用

 以下に7首を引く。
 ハイライト機能があるので、気になる短歌にハイライトをし、ノートでそれを参照すれば良い。
てつぼうに手のとどかない子のために広がっている青空がある
「ヘーゲルは分からないけど」(他の事は知ってますよ)という含みあり
睨まれているほうがいい教員がつくり笑顔で近づいてくる
白色に濃さのあること思いつつ牛乳を飲む雨の降る朝
ゆうらりとうたたねをして過ごす午後インターフォンを鳴らすペリカン
人類の得てきたどんな権利より優先されるおばちゃんのチャリ
旅行用歯みがきの味やや甘くたぶんうちより水が冷たい


声、あるいは音のような
 岸原さや・歌集「声、あるいは音のような」kindle unlimited版を、タブレットで読み了える。
 入手は、先の2月22日の記事、
「歌集2冊をダウンロード」の、初めにアップした。
 歌集の諸版の刊行年次、価格などは、その記事を参照してください。また以前の同・「100首選」の感想へも遡り得る。
概要
 岸原さや(きしはら・さや)は、静岡県・生まれ、東京都・在住。2007年、結社「未来」に参加、加藤治郎に師事。
 ブログ
「さやかな岸辺」を運営する。ツイッターでも盛んに発信している。
 この歌集には、284首、加藤治郎の解説「薄闇に」、著者・あとがきを収める。
感想
 彼女は母の自死、失恋など、辛い経験を重ねたようだ。神経症的にまでなりながら、短歌の力、キリスト教の信仰などに支えられ、生きているようだ。
 加藤治郎の解説に、「そこは、眠りと死が混じり合っている」、「苦しみを言い放つところから始めれば良い。」と述べている。僕は同人歌誌に参加して救いを感じ始め、結社歌誌に加わって救いを確信した。苦しみを発表することは、ほとんど無かったが。短歌には、神も魔人も居る。
 僕は科白でも呟きでもなく、傍白(演劇で、共演者には聞こえない設定で、観客に聞かせる科白)の、詩歌でありたいと願っていた。悪い時代の今は、未来に残す呟きだ。
 引用の5首目の「のろのろと」は、怠けているのでも、能力がないのでも無く、安全第一で全力で作業し続けていると、現場出身の僕にはわかる。7首目は、対句に惹かれたのだが、今となってみると、オブラートもビブラートもない歌を詠むから、という宣言に聞こえる。
引用

 以下に7首を引く。
かなしみがかなしくなくてくるしみもくるしくなくて熱だけのある
なぜだろういつか忘れていくことを小さな脳に刻もうとする
もう好きにさせてもらおう、くだらない。そんな言葉を叫び出しそう
死ぬことと生きてることの境いめが目にしみる夜は横向きに寝る
幾何的な巨大キリンのクレーン車が建材を吊るのろのろと今日も
花の名を呼び出すように寝台でひらくカラーの鉱物図鑑
オブラートに包みましょうか。ビブラートを響かせますか。いいえどちらも




歌集 Bootleg
 2月22日の記事で、ダウンロードを報せたkindle unlimited版・歌集2冊の内、土岐友浩「Bootleg」を読み了える。
概要
 出版社、諸版の発行年次、価格等は上述の記事にアップしたので、ご覧ください。
 土岐友浩(とき・ともひろ)は1982年・生。京都大学・卒。精神科医。
 「京大短歌」に所属して活躍した。
 第1歌集に、東直子・解説「不在の中の存在感」、著者「Note」を付す。
感想
 経歴を見ると恐れ入るけれども、表紙イラストのせいか、歌の内容からも、線の細い人に思える。
 恋人に尽くして、かえって追い詰めているのでは、と悩む歌がある。
 第2部の3連作が、小浜在住時代に成ったとするが、福井県の小浜市を指すならと、身近にも感じた。
 題名の「Bootleg」は、海賊版の意味である。
 先の記事で、kindle unlimited版の好みの歌集が残り少ないと書いたけれども、巻末の広告を見ると、書肆侃侃房の「新鋭短歌シリーズ」で、まだまだありそうである。
引用

 以下に7首を引用する。
あたらしくできた日陰で聴いている ここはどこ、から始まる歌を
牛乳を電子レンジであたためてこれからもつきあってください
いまはもうそんなに欲しいものはない冬のきれいな木にふれてみる
一台をふたりで使うようになるありふれたみずいろの自転車
ローソンに寄って帰ると言う父を別れてずっと待っている春
尽くすほど追いつめているだけなのか言葉は君をすずらん畑
おだいじに、というメールが雪の日に届くメロンの絵文字とともに



IMG_20180227_0001
 最近に入手した本、2冊を紹介する。
 まず僕の所属する結社歌誌、「覇王樹」の2018年3月号が、2月27日に届いた。
 同・2月号の拙い感想は、2月10日の記事にアップした。
 通常の短歌作品、評論の他、平成30年度の寸評・鑑賞文・評論の募集原稿のテーマ「道・路」が発表された。
また付句がマンネリ化したので、「脳トレ短歌」を企画し、第1回は「恋の歓び・苦悩」(2首まで)である。
 ホームページの切り換えは早く、2月26日には作品などが更新された。
 僕の作品等は、もう1つのブログ「新サスケと短歌と詩」の、
2月28日の記事より、少しずつ順次アップしてゆくので、横書きながらご覧ください。
あまねそう「2月31日の空」
 もう1冊は、偶然見つけた、あまねそう・歌集「2月31日の空」である。201首。著者は同人歌誌「かばん」所属。
 題名に因んで、2月28日~3月3日の間は、Amazonのkindle unlimitedで販売するそうで、kindle版は250円である。
 自力でのkindle版出版らしく、たのもしく、動きが広がってほしい。

声、あるいは音のような
 2月20日に、Amazonよりkindle unlimited版の歌集、2冊をダウンロードしタブレットに収める。
 いずれも書肆侃侃房の「新鋭短歌シリーズ」である。
 歌集のダウンロードは、1月6日の
「3冊をダウンロード」以来である。
 1冊は、岸原さや「声、あるいは音のような」である。
 unlimited会員になる前、
100首選をkindle本で購入した事がある。
 完本版の紙本版は、2013年9月30日・刊、1,836円。kindle版は、2016年5月9日・刊、800円。

歌集 Bootleg
 1冊は、土岐友浩「Bootleg」である。
 紙本版は、2015年6月16日・刊、1,836円。kindle版は、2016年6月4日・刊、800円。
 kindle unlimited版の新歌集(僕の気に入りそうな)も、残りが少ないようだ。
 書肆侃侃房と歌人も、どんどん発行して、電子版歌集の普及に尽力してほしい。



↑このページのトップヘ